世界で最も美しい書店

著者 :
  • エクスナレッジ
4.22
  • (34)
  • (15)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 506
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767815183

作品紹介・あらすじ

ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジアの名店20店を美しい写真と、取材を行ったジャーナリストの文章、本好き・本屋好きによる本屋体験を綴ったコラムを掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界中の美しい本屋さんを紹介してくれる
    大好きなシリーズ。
    真っ白な装丁と、個人的に今までの中で
    最も本自体も美しく、平松洋子さんの
    コラムがあるのもうれしい!

    紹介された本屋さんは今回も素敵な書店揃い。
    歴史ある本屋さんが多く、エーゲ海のAtlantis Books、
    ネオゴシック様式の流れるような曲線の美しいレロ書店、
    セーヌ川の左岸、ノートルダム寺院を臨む
    学生街のカルチェラタン、
    シェイクスピア・アンド・カンパニー、
    ライトアップされる漆黒の書棚が美しいヴィラ書店。

    本屋さん自体の佇まいの美しさはもちろん、
    100人いれば100通りの本との向き合い方や
    愛し方があるように、それぞれの本屋さんの
    本を包み込む愛情、1冊1冊の本を美しく
    魅せるための工夫に感嘆する。

  • 落ち着いた佇まいの書店が多くて素敵でした。
    重厚でクラシックなお店、モダンで洗練されたお店など
    どこのお店も空間そのものが芸術品のよう。うっとり。

  • もうこの手の本は本当に困る!
    買わずにいられません。

    「世界の夢の本屋さん」よりも少し小さいサイズとはいえ
    大きくて美しい装丁。
    中の写真はどれも魅力的で、思った以上に文章も多いので
    じっくりゆっくり読んでいきたいです。

  • こんなに皆が本屋に飢えているのは何故?(こう言う本が出るってコトは、そう言うコトなんでしょ)

    エクスナレッジのPR
    「Facebookで9万人以上にシェアされた話題のブログを書籍化しました!   2012年1月、ニューヨークの人気サイト「FRAVORWIRE」に、あるブログが投稿された。 ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジアの名店が取り上げられ、日本の書店も1軒だけ、投稿当時はまだオープンしたばかりの代官山 蔦屋書店が紹介されていた。この記事はネット上で瞬く間に話題になり、Facebookでは9万人以上がシェア、ツイッターでも1000人以上がリツイート。そして同サイトでは2012年度、最も反響のあった記事となった。 ネットユーザーたちを惹きつけたのは、ネット社会からは遠く離れた「書店」であった。デジタルに還元される事のないリアル。利便性だけではなく、そこで過ごす時間を誰もが求める「書店」の魅力とは? 撮り下ろしによる美しい写真と、実際に取材を行ったジャーナリストの文章、そして、本好き、本屋好き自認する識者たち自らの“本屋体験”を綴ったコラムを掲載し、その魅力的な空間「書店」の魅力にせまる。」

  • 吹き抜けがあると開放感がある
    まるで劇場のようだ
    カフェが併設されているとゆったりできる

  • 「美しい」の多様性を実感されられた、書店画集です。

    オーク材の重厚さと光沢が印象的なこれぞヨーロッパという映画の中の世界のような書店があるかと思えば、対象的に、装飾を一切排除したモダンなアート系書店、その地域の生活習慣や様式美を巧みに組み込んだブックカフェなど、実に多様な美的空間が写されています。

    ヨーロッパの書店ばかりなのかと思いきや、メキシコやブラジルなどの南米の書店、日本や中国の書店も取り上げられています。

    中の文章では、本屋を本のある空間としてとらえるにとどまらず、そこを作った人の人生や思い、集う人々のこともかなり取り上げられていて、本屋写真集というか、本屋巡りの紀行文といった感じです。

  • 写真集だと思わなかったので、大きさにびっくり。
    BSでやっていたドキュメンタリーをみてから、みてるので…動画には動画のよさがあり、本には本の良さがある、という感じ。
    例えば、サンセットでおしまいの本屋に流れる空気は、映像のほうが伝えられてると思ったし。猫がレジのそばであくびしてたり、陽がくれていって閉まった後とか。
    なんともいえない大らかな空気。

    番組で、取り上げられなかった本屋が沢山でていて、旅に出たくなる。

  • この写真集でも、またいくつかの美しい本屋を見られた。
    見た目の美しさも確かだけど、空気、佇まいもその美しさを伝わってくるよう。しばし浸った。 やっぱりいいわぁ…。
    途中に挟まれているエッセイも楽しい。
    「世界の夢の本屋さん」と重複しているお店があったのが、少しだけ残念。 写真は別のものだったけど。 その写真もまた、キレイだったけど。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=298324

  • 美しい図書館が終わったら書店!世界各国から厳選された書店の美しさを本に!
    図書館よりも個人の会社のものなので、どうインテリアするかは各自なのでいいのですが、どうしても屋外の本棚は認められない自分です。見た目、映像としては美しいとは思うのですが、本が悪くなる。そんなところで本を買いたくないと思ってしまうのは私だけでしょうか。雨降ったり、そうでなくても砂ぼこりや湿気。本の天敵は結構あるはず。少し気になりました。
    だけど、ポルトガルのレロ書店は気になりました。本の並び方もインテリアも素敵です。螺旋階段とかかっこよすぎて惚れ惚れいたしました。
    それにしてもいろんな書店があって楽しいですが、結局図書館も書店も、美しいのに惚れるのは私自身の願望なのだと思います。ああいった部屋に住んでみたい。絶対思うはず!虫とか大変だろうし、お金がかかるから無理だけれど、できるのならしてみたいです。

全27件中 1 - 10件を表示

清水玲奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ジュンク堂書店新...
いとう せいこう
三浦 しをん
朝井 リョウ
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

世界で最も美しい書店を本棚に登録しているひと

ツイートする