文豪の家

制作 : 高橋 敏夫  田村 景子 
  • エクスナレッジ
4.00
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767815534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やはりトップバッターは太宰でしたか。
    斜陽館の外観は本で見た事があったけど、土間や洋間は見た事なかったから見れて嬉しい。

    宇野千代さんのお宅も見てみたかったなー

  • 佐藤春夫って耽美派だったの……と、自分でも「そこ!?」と思うところが気になってしまった。
    有島武雄の家がかっこよくて好きです。

  • チョーステキー
    やばい家ばかり
    和室のステキさといったら!こういういえにすみたい
    ただ住みたいね
    畳の上に机とペンと さっぱりした家が特に好き
    いつかこんな家に住みたし
    堀辰雄がいいかも

  • 1

  • 明治、大正、昭和に活躍した小説家・作家・詩人の生家、暮らした家を写真を中心に紹介した本。優れた文芸作品が誕生した背景、その底流に流れる芸術性を想像することで、作品そのものも新たな彩りが追加されるように思う。1度訪れてみたいものです。

  • ★★★★★
    文豪の歴々のお宅ハイケン。
    漱石先生のおうちの縁側に猫がいる!!
    柳田先生のおうちが結構ハイカラでした^^
    このほかも趣のあるおうちばかり。住居さえも作品のようです。

    文豪ヲタは高校生から多いと聞きますが、この一冊がある図書室はあこがれる気がします。
    (まっきー)

  • 太宰・漱石・子規など、文豪の住んだ家をたどる。記念館や文学館として保存されている家が中心なので、旅のお供に最適かも。

    大正~昭和の家が多いのだけれど、ゆとりのあるゆったりとした空気の流れる家ばかりです。

  • 本で見るだけじゃなく、訪れてみたいですね!

    エクスナレッジのPR
    「家を知れば文学が見える!
    夏目漱石、江戸川乱歩、正岡子規、松本清張などの
    明治・大正・昭和を代表する小説家・作家・詩人の家を
    私生活の場として、小説が書かれた舞台として
    詳しく紹介している本です。
    どんな家で名作が書かれたかを知ることで、
    同じ作品も今までと異なる読み方ができるはずです。
    文豪の家の間取り図も付いています!」

全8件中 1 - 8件を表示

文豪の家を本棚に登録しているひと

ツイートする