建築デザインの解剖図鑑

  • エクスナレッジ
3.59
  • (8)
  • (9)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :319
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767815701

作品紹介・あらすじ

建築はもちろんのこと洞窟、湧水、坂道、暗渠、水路、路面電車、ガード下、屋台、サインまで。身近なものの見方が変わる!江戸・明治・大正・昭和。時代のデザインがわかる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 建築や街並みに興味がある人間にはとても楽しい一冊だ。
    坂の名前の由来から始まり、城の石垣の組み方、竹垣の種類、看板建築の構造から仏像の見分け方、神社仏閣にある意匠の意味、とさまざまな事物をイラストを多数交えてざっくりわかりやすく説明してくれている。
    そういう意味があったのか、とか、普段目にしていたものに対しての「うろこが落ちる感」がすごい。
    専門書としてはもちろん物足りないのだろうけれど、ふと目にした街中の意匠に対してちょっとした「ふむふむ」を教えてくれる手軽さと親切さがいい。
    これ、さらに小さいハンドブック型にしてもっと携帯しやすいバージョン出してくれないかな。

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】521||S

    【資料ID】91131306

  • 町歩きが楽しくなりそうな、、そうでもないような一冊。

  • 2015年12月17日読了。江戸時代から現代に至る東京や京都などの都市の町並みの「建築デザイン」を、豊富なイラストとともに「解剖」し、そこにこめられた意味や意図を解説する本。自分の知ってる建物や公園、路地裏の風景などが精密なイラストで再現されているだけで楽しい。丑寅(東北)が鬼が侵入する方角であるため、寺社や城などといった建物は東北を欠いたつくりをしていたり鬼の嫌う桃の木を植えたり神棚を置いたりといった民俗的な工夫と、それが現代の建築思想にも無意識に・あるいは建築家によって意識的に受け継がれているなどの考え方はとても面白い。それだけに、時代とともに・再開発とともに古い日本が失われていくのはさびしくもあるが、それでも区画の割り方などに土地の記憶のようなものが残り続けるのは面白い。

  • 図解が豊富。ふと散歩してみたくなる路地裏。

  • 何気なくみていた街の家並みや建物
    それらのルーツを知れる豆知識本。

  • 【選書者コメント】読み終わったあと、街歩きが少なくとも5倍は楽しくなりそうだから。
    [請求記号]5200:572

  • 日本の都市、建築のデザイン、遺構、構造のさわりの部分を分かりやすい図で説明している本。建築を実務でやっていて、分かりやすくそれを説明するのがうまい人たちが書いてるかなと思いました。とくに、絵がうまくて、分かりやすいです。

    煙草屋とか看板建築の部分、都市構造と神社、お寺の関係のところなんかは面白いところで、一番興味がそそられました。

    後ろに参考図書が載っているので、これを見て興味がある部分をより読み進めるのはいいことかもしれません。

  • マニアックさ全開で
    まちの建物ディテールを記した研究書(?)
    読みにくい訳でも、難しい訳でもないけど、
    通読がやや辛かったかも。

  • お散歩好きにはもってこいの一冊。視点がかわる。

全18件中 1 - 10件を表示

スタジオワークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジェームス W....
冲方 丁
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

建築デザインの解剖図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする