これからの暮らし方

  • エクスナレッジ
3.35
  • (3)
  • (7)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767816944

作品紹介・あらすじ

素敵な女性のライフスタイルに学ぶ、清々しく前向きな大人の女性の生き方ヒント集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女の第二の人生を衣食住緑美の観点からそれぞれの道の極め人が充実させるヒントをくれる本。

    今から第二の人生を考えるなんて…
    でも子育てが終わって、はて、何しよう?って思うのは寂しいから、すこしずつ今からでも好きなことを積み重ねて行きたいな。

    一番楽しかったのは食。
    ひとさら、味付けをしない蒸し野菜を添えるって言うのはいいなぁ。

  • 衣・食・住・緑・美についてそれぞれを得意分野とする女性が語ります。「スタイルのある××」という言葉が雑誌などで乱用されてますが、「スタイル」というものは自分の知識や興味や生き方を追い続けた人だけが持つ、確固とした独自のセオリーなのだと実感できる内容です。上っ面のビジュアル的なものでなく、文章で表現されているのがまたよかった。歳を重ねていくっていいなと素直に思いました。

  • 40代後半から50代の女性向けのライフスタイルの提案。収納インテリア、ガーデニング、ファッション、スキンケア、料理と、各方面の有名人の方が寄稿されています。個人的にはスキンケアのオーガニックコスメの紹介が少し宗教めいている気がしたけれど、巻末でそれぞれの考えは正反対かもしれないが、どれも間違ってはいないから、自分に合うものを取捨選択すべきとあって、なるほどなと思った。

  • 201501 完読

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1966年、神戸生まれ。ドイツ人の母、日本人の父を持ち、ドイツ、日本、アメリカで育つ。国際基督教大学を卒業後、外資系証券会社に入社。東京、ロンドン、香港で勤務する。結婚後、夫の留学のために再びロンドンへ。長年興味のあった料理とお菓子を学ぶためにコルドンブルーへ入りグランディプロムを取得する。帰国後、料理教室をはじめる。現在は、鹿児島県・鹿屋市(かのやし)に家を持ち、東京、鹿児島、ドイツを行き来する日々。テレビや雑誌などでドイツのライフスタイルを紹介する仕事をするかたわら、内閣官房「暮らしの質向上検討会」の委員も務める。著書に『ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣』『タニアのドイツ式部屋づくり』『タニアのドイツ式整理術・完全版 もの・情報・時間の持ち方・しまい方・考え方』など多数。http://www.tania.jp/

「2016年 『365日の気づきノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

門倉多仁亜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
松浦 弥太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

これからの暮らし方を本棚に登録しているひと

ツイートする