オオカミたちの隠された生活

  • エクスナレッジ
4.33
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767817163

作品紹介・あらすじ

仲間の死を悼み、エネルギッシュに遊び、固い友情を結ぶオオカミたち。子どもの誕生には群れ全員が熱狂し、全員で役割分担して子育てをし、必要な技能の教育を施す。オオカミの群れの中で一緒に生活するという類まれな体験を通して得た、オオカミたちの知られざる社会生活や感情を余すところなく紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 米国アイダホ州で6年間テント生活をしながらオオカミの群れの観察をした夫妻のオオカミに関する集大成。
    オオカミは決して残忍な動物ではなく、統制のとれた群れで暮らす知恵とユーモアのある動物であることを全米に知らせたいと、現在もNPOを立ち上げ、オオカミの保護に奔走している。

    群れのそばに寄り添い、観察し、友情をはぐくみ、すばらしい写真で記録を残している。
    以前読んだ「狼と暮らした男」は、オオカミノ群れに入りこむという、ちょっと衝撃だったけれど、この夫妻の手法は共感を持てる。

    写真もすばらしい!!
    オオカミって、素敵だ。

  • オオカミたちの生き生きとした写真もさることながら、アメリカのオオカミを取り巻く状況や政策についてもかなりのページ数が割かれていた。
    欧米人のオオカミ嫌いがこんなに根深いとは知らなかった…。

  • 2016年3月新着

  • 世界で一番美しいオオカミの写真集、であると同時に、アメリカ大陸のオオカミの歴史と状況を広く知らせている。

    アメリカはまだオオカミが残っているんだ。

    映画はDVD化されてないの?

  • 仲間の死を悼み、エネルギッシュに遊び、固い友情を結ぶオオカミたち。
    子どもの誕生には群れ全員が熱狂し、全員で役割分担して子育てをし、必要な技能の教育を施す。
    オオカミの群れの中で一緒に生活するという類まれな体験を通して得た、オオカミたちの知られざる社会生活や感情を余すところなく紹介。

  • 6年間オオカミと暮らした筆者の記録。

    日本にもオオカミを導入せよ、という意見もある。
    この本を読むと、そう言いたくなる理由がわかるような気がする。

  • 人よりも、ずっと人らしい。
    その彼らを駆逐した人は、だれに駆逐されるんだろう。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
宮下 奈都
タムシン・ピッケ...
有効な右矢印 無効な右矢印

オオカミたちの隠された生活を本棚に登録しているひと

ツイートする