テレンス・コンラン流 インテリアの基本

  • エクスナレッジ (2014年10月25日発売)
3.55
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767818375

テレンス・コンラン流 インテリアの基本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の住宅事情、というか、うちの住宅事情とは予算やスペースなどの条件があまりにも違うので、インテリアの参考にはならないし、まあ当たり前のことが書いてあるという感じでしたが、目の保養にはなりました。

    こういう価値観以外を認めないアート偏重な人は苦手だけど、でも、ものごとの価値を測るときに参照する知恵の1つとして、この本で述べられているような見た目や素材の美しさの重要性もきちんと評価できる人が好きだなぁ。

    誰もが知っている名作プロダクトについてのコラムが意外におもしろかったです。
    ヤコブセンって言うと、門外漢の私ですらいくつか作品が思い浮かぶくらい名作をたくさん生み出している印象でしたが、「使用環境と一緒にでなければ家具や設備をめったにデザインしませんでした」と書いてあって、ちょっと驚きました。

    このコラムで取り上げられた家具や道具は、今もすごく人気があるものばかりですが、すべて1960年代くらいまでにデザインされていることにも驚かされます。
    ・・・それって、驚くことじゃないのかなぁ?
    私がインテリアについてまったく素人だから驚くだけなんだろうか・・・

  • インテリアやミニマリズム本、片付け本などを読みすぎて、たくさんの情報で混乱していた頭へ、このコンランの本で基本にかえることができました。
    コンランした頭にはコンランの本・・・
    おあとがよろしいようで(すみません!)

    写真が大きく、美しいです。
    文章もシンプルで基本的な事ばかりですが、それがよかった。
    何が大事なのか、整理できました。

    たとえば、リビングの空間をひとつにまとめるためには中心点をもうけること。
    この中心点がテレビになっていませんか?
    コンランは、何を中心点にしたらリビングまとまるのか3つ提案しています。
    絵の飾り方、何を出し何をしまうか、とても参考になりました。

  • つたやじゃないけど、S社近くのビルの読書カフェにて
    すごーくかった

  • 大崎Lib

全4件中 1 - 4件を表示

テレンス・コンランの作品

テレンス・コンラン流 インテリアの基本はこんな本です

ツイートする