美しく軽やかに 暮らしを整える44の秘訣

著者 :
  • エクスナレッジ
3.05
  • (1)
  • (9)
  • (24)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 123
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767819365

作品紹介・あらすじ

ためず、迷わず、潔く。-毎日が輝く40代からの「暮らし、住まい、自分」整理術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • *ためず、迷わず、潔く。毎日が輝く40代からの「暮らし、住まい、自分」の整理術*
    気負わず、素直に、ゆるゆると毎日の暮らしに折り合いをつけて生きていく、という40代ならではの視点で書かれたあれやこれや。個人的には実践済なことばかりでしたが、人によっては参考になる箇所もあるのでは。さらっと読めます。

  • ・家のことは、生きること。
    ・何もしないことによる損失は計り知れない。

  • 睡眠の質を整えたり、家の中に自分の好きな場所を作ったり、完璧を目指さずにやり残しも楽しむ生活。40代、50代になった時にふと自分を振り返って、良い暮らしだなと思えるような生活を目指したくなる本。

  • 真似たい秘訣をメモ。
    捨てない…[捨てたいけど、捨てれない物]は何?一度、必要かどうか突き詰めて考えてみる。ノート1冊でも、大切さと存在の意味が認識できれば、たとえこの先ノートを開くことはないかもしれなくても、人生の大切なひとときが記録されたノートを持ち続けることが、心の中支えになるはず。

  • 2015年の本。
    少し内容は古いし、どなたかも書いていたように上から目線なのもわかった。
    誰でもできる内容ではなく、ある程度の資金力がないと無理なことが多かったので。

    それより最後のページを読んで驚愕。
    親がいる間は、心配をかけるからバイクには乗らないが、そろそろ夫婦の人生を楽しんでもいい時期になってきた、と。
    2018年の事故で、この通りのことになってしまい、残念です。

    ご冥福をお祈りします。

  • だし醤油…鎌田醤油
    40代からのイメージチェンジはまず、髪、メイク、姿勢を変える→服を変えるの順番で。
    ご近所づきあいとは世間話。「今日はどちらまで?」、「近くにいい歯医者ないですか?」など。「こんにちは」だけでなく、ほんの半歩進んで当たり障りのない会話を交わす。

  • ちょっと読者対象が上だったけど、数年後、十年後のこういう生活を目指して逆算するといいかな。

  • >迷ったり先延ばししたりすることによけいなエネルギーを使わないで、決めたあとの行動にできる限りのエネルギーを使っている

    >戻したくなるしかけをつくる
    >開けるたびに嬉しい引き出し
    >ぴたっとしている感じが幸せ

    p40
    >物を削ぎ落とすことに熱心になりすぎると、自分の思いには価値がないと自分信じさせるしかなくなってきます


    p70
    >人間関係を心から大切に思っていて、それをちゃんと物という形で伝えようとするまめさ

    p74
    (住まいの居心地よさ)
    日々、家を整える小さな手仕事が滞りなくなされている

  • *潔く決める。
    決断を声に出す。
    自分に嘘をつかない。
    *今の自分を基準に行動する。
    *睡眠環境を大切にする。
    *手を動かしながら暮らす。
    *片付けの三原則。定位置、定量、捨てる。
    *片付けの極意は元に戻す。
    *無形のものを買う。
    お金は幸せのために使う。
    *手を入れ続けるのが、暮らし上手。
    *足りないところを楽しみする。
    方丈記の第八十二段に、どんなことでも完璧に整え過ぎるのはつまらない。少し足りないところがあるくらいの方が面白いね。という一節がある。
    これは、家を完成させてしまわない。ということに通じる。
    *DIYが満足できる家を作る。
    但し、家の構造に関わる所と、水回りはプロに任せるのがお勧め。
    *家に自分の居場所を作る。
    そのために自分の椅子を買うのは一つの方法。
    *あかりで家の時間を楽しむ。
    *植物は暮らしを豊かにする。
    *ものがないことがいいことと思いこまない。

    女性へ向けた本だが、男性にも参考になる。

  • 2000年「捨てる技術」のベストセラーを出された辰巳渚さん「暮らしを整える44の秘訣」、2015.3発行です。暮らしを整える、住まいを整える、心と身体を整える の3つの章立てです。女性のために書かれてるようですが、私も参考になる考え方が多々ありました。①お金は幸せのために(無形のもの、必要と関係ないところ)使う ②大切に思う気持ちを形にする。さりげなく人に物を贈る習慣を ③狭いからこそ行き届いた家になる。完成させず、足りないところを楽しみにする ④世間話をする。つかずはなれずのつきあいが世間を広くする。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一般社団法人生活哲学学会代表理事

「2017年 『女子力アッププリンセスマナーレッスン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辰巳渚の作品

ツイートする
×