東京旧市街地を歩く

著者 :
  • エクスナレッジ
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767819563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森岡書店の店主森岡督行氏の本。
    東京には旧市街がない?! 欧州の都市のようなOld Townを仮に定めるとしたらどこか?と発想して本書を編んだ。

    確かに、プラハにもワルシャワにも、タリンにもビリュニスにもクロアチアの各都市にもOld Townと称する一角があった。観光名所にもなっている。それは日本と違って、石の文化だということは容易に推測できるけど、日本にだって、明治以降に造られた「鉄とコンクリート」の旧い街並みがある。

    ということで、明治22年から昭和18年まで”東京市”と言われた地区を中心に、東京駅が出来るまで東京の玄関だった万世橋駅から広がる街を「旧市街」と定め、今に残る古い建物を写真と文章で紹介している。

    旧万世橋駅高架はショッピングモール(マーチエキュート神田)として残っていたり、有名なニコライ聖堂のほか、カトリック神田教会があったり。同潤会アパート同じ設計者の奥野ビルは映画「ノルウェーの森」のロケに使われた建物だそうだ。三越、和光本館、日銀など、見るからに古い建物の設計や建設にまつわる逸話も豊富に紹介されている。森岡書店の新装開店先も、当然この界隈にある昭和4年に建てられたビルの中なのだ。
    東京旧市街を写真で楽しく散策できる。

    一方、写真でその建物だけ、あるいは建物の一部だけを捉えると、確かに明治大正のモダニズムを感じる味わいある建物が残っていることが良くわかるが、少し画角を広げると、すぐ後ろ、いや両脇はもう近代的なガラス張りのビルディングだったりする。旧い建物を訪ねて今に残るロマンを感じると同時に、まるで統一感ののない東京の街づくりの残念さも見えてしまうのだった。

    この新旧混在した東京を、スクラップ&ビルドを繰り返す新陳代謝の旺盛なエネルギッシュな街と捉えるか、長期的な展望のない無計画な街と捉えるか、本書を持って街歩きをしながら感じざるを得なかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

森岡 督行:1974年山形県生まれ。2006年に東京・茅場町に「森岡書店」をオープン、2015年には「一冊の本を売る本屋」として銀座店をオープン。著書に『BOOKS ON JAPAN1931-1972日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)、『東京旧市街地を歩く』(エクスナレッジ)などがある。

「2015年 『本と店主』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森岡督行の作品

ツイートする