ずっと使いたい一生もの 北欧の日用品

著者 :
  • エクスナレッジ
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767820019

作品紹介・あらすじ

毎日をていねいに、美しく-100の日用品の幸せな物語。食器、家具、ファブリック。あたらしい北欧を知る一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館

  • どこの国のものでも、美しいものは美しい。

  • ライターでフォトグラファーの著者が、自身が魅せられてきた北欧の日用品を100点、美しい写真と一緒に短い文章で紹介した一冊だ。
    モノの歴史や背景についても言及する・・・というまえがきだったけれど、深くそのモノの来歴を語るにはあまりにも紙幅が少ないため、ほんのエッセンスや、むしろ著者自身の思い出めいた感想などのほうが多く語られていた印象だ。
    紹介されているのは定番のものが多いし、類似の本と比べて際立った違いはないけれど、北欧雑貨好きならぱらぱらめくって楽しめる一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

萩原 健太郎:ライター、フォトグラファー。1972年生まれ。大阪府出身。家具・インテリアの株式会社アクタス勤務、デンマーク留学などを経て、2007年独立。著書に、『写真で旅する 北欧の事典』『北欧デザインの巨人たち』『生活に溶けこむ北欧デザイン』『日々、うつわ 民藝のうつわのある、おいしい日常。』『民藝の教科書1 うつわ』『民藝の教科書2 染めと織り』『民藝の教科書3木と漆』など。

萩原健太郎の作品

ツイートする