老人と猫

制作 : アネ・グスタフソン  富原 まさ江 
  • エクスナレッジ
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767820774

作品紹介・あらすじ

「私、あなたに飼われることに決めました」自宅の庭に現れた小さな猫が、引退した大学教授の人生を変えた。スウェーデン発のベストセラー・エッセイ。心理学の教授が読みとく猫の世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 飼うつもりがなかった老人が
    いつの間にか猫の素振りに一喜一憂しはじめる・・・。
    これは人と猫の物語―

  • スウェーデンの大学で医療心理学を教えていた著者。子どもも結婚し、夫婦二人の静かな生活をしているところへ子猫がひょっこり現れる。庭の物置小屋に住み着き、親しげに著者夫婦を見つめる。
    若いころはペットも飼っていたが、年取った夫婦がペットを飼うのはどうだろうかと思案しながらも、ごく自然に見つめる子猫の魅力に勝てず、家で飼うことになる。
    医学や心理学を学んだ学者の目を通して、愛すべき子猫を愛情たっぷりに書き記す。

    猫の写真ではなく、イラストにしたところがかえって良かったのでは。

  • イラストが素敵な猫エッセイ。著者は、スウェーデンの大学で心理学などを教えている老教授。70歳を過ぎて妻と二人暮し。時折旅にも出かけるためペットを飼うつもりなど全くなかったのだけれど、家の物置小屋に住み着くようになった1匹の猫にぞっこんになっていく…。心理学の先生らしい考察がユニーク。猫のキティが「戦わずして、いつの間にか自分のほしいものを手に入れて」いくさまが面白い。

  • 「猫が飼い主を選ぶ」なんて素敵な言葉!うちの猫も私達を選んでやってきてくれたのかな。冷静に、猫と自分の関係を観察している作者。共感する事だらけだった。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする