小さな家で楽しむスタイルのある暮らし

  • エクスナレッジ
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767820842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真の参考になる、深い写真。画角もより引きがあって動きがある。
    こだわりのポイントや土地探しから〜のstoryが描かれている。
    建築家の紹介がコラムとして一見開きある。

  • 間取り図を見ると、確かに広くははないけれど、「小さな家」というほど小さくない家も。
    思っていたのとちょっと違った。

  •  厳選したものしか持たない。そんな人が選んだライフスタイルは、時代が変わっても、変わらない心地よさを追求すること。木目をプリントして木に見せかけたものとか、そういうウソには目もくれない。新居の家具は絶対TRUCKで買おうと思う。
     夕食前に、どの皿に何を盛りつけるか思案中。作家ものの食器。この感覚は素敵だと思う。料理はお皿などの食器で映える。美味しいなというのは味だと思うけど、嬉しいなとか素敵だなとか幸せだなとか思うとき、それは食器も含めての話だ。
     どの家も、あるシーンを想定して非常に満足高く作られていることに気がつく。夕食のときの夕日や家族とのゆったりとした時間。子供が遊んでいるリビングと、母がアイランドキッチンで料理を作る姿など。スタイルとは、何に重きを置いて、拘っていくかということ。なんとか風、バリテイストとかって意味をなさない。自分の中にある、らしい暮らし。仕事の忙しさとは全く別の、だからこそ味わいたい家の良さをどこに求めるか。
     例えばだけど、夫婦で過ごすリビングのソファと、テーブルの上のコーヒーだったりするんだろうけれど、家をデザインするならば、自分も一緒に住む人も幸せだなって思う瞬間をたくさん作りたいというコンセプトでいきたい。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
佐藤雅彦
三浦 しをん
又吉 直樹
佐藤 雅彦
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする