メンズファッションの解剖図鑑

著者 :
  • エクスナレッジ
3.72
  • (6)
  • (12)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :176
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767822389

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おしゃれというものをその人の感性に丸投げするのではなく、あくまで他人から見られてどうか?
    という点に注力をし、現実的な選択肢を提供してくれる良書。

    ファッションの初心者に対して衣服の理論を一から教えてくれる。
    以下、覚書

    ・ドレス:カジュアル=7:3
    ・ボトムスはダーク系のキレイ目を
    ・Iライン、Yライン、Aラインを意識する
    ・色はモノトーン(黒白グレー)+1色
    ・色味の面積は少な目で
    ・シューズは全体がドレスライクなら黒のスニーカー
     なるべく存在感がないほうが無難
    ・セットアップが1組あるとよい
    ・ラインの出るロングコートがよい
    ・目の細かいハイゲージニットがドレス感あってよい
    ・清潔感の王様は白いシャツ(素材にも注意)
    ・スト―ルは+1に持ってこい
    ・腕時計は唯一自然なアクセサリー
    ・メガネは肌に近い色で、スクエアがオススメ
    ・リュックはゴチャゴチャしてない黒を(カジュアルアイテム)
    ・高級店には目を養うために行ってみる
    ・シンプルでも十分におしゃれになれる
    ・四季に応じた素材を選ぶこと
    ・思い切って捨てることも大切

  • オタクの私には、新しい知識を与えてくれる教養本。ファッションは奥が深いんですねぇ。

  • 写真はないけど、イラストだけでも意外とわかりやすい。

  • すごい分かりやすかった。
    カジュアルと、ドレス3:7重要。

  • 女性目線での感想です。
    組み合わせの基本がメインに書かれているので、とても解りやすい!
    清潔感、安心感があるファッションだけど、”ザ・王道”って感じです。
    個性も冒険も無いので、基本を押さえながら応用も可能な一冊だと思いました。

  • 読み物としては読みやすく面白い。

    実践するとなると、大山旬さんの書籍の方が説得力があるかな。わたしはセカンドオピニオン的に目を通しています。

  • 男性向けのファッション誌って、何故かダサく見えるんことが多いんです、センスが悪いと言われればそれまでなのですが…そう感じてしまうものを参考になんてできないですよね。
    ファッションをなんとなく理論的に解説してくれているので、これは参考にできそうと思える内容。
    そう思えるかどうかって、ファッションには大事だと思います。高額なものをオススメしてないのも個人的には参考にしやすくて良い。

  • 以前はMBさんのメルマガを購読して巻いた。でも、おっさんのドヤ顔写真を毎週見るのがしんどくなったので中止しちゃいました。本でたまに見るくらいで僕はいいかなーって感じです。

  • ユーモアのあるイラストが笑える

  • 【7:3の法則、ドレスライク寄りが鉄則】
    「めちゃくちゃ頭の良い方」という印象が焼き付いている、MBさんの本。
    哲学サロンのゲストでいらしてくださる事がきっかけで、手に取りました。
    (お会いできて光栄でした!)

    まず、文章が面白い。
    そして、小ネタ満載の挿絵も面白い。
    (小坂がぬるヲタなので余計に…)

    論理的に各アイテムを解説くださっている上に、
    ご本人がおっしゃる通り再現性が高い。

    MBさんのおかげで
    うちの旦那もようやく、
    「おしゃれの魔法」を使えるようになれそうです。

    きっと次にリリースされるであろう、
    次の次元に到達したメンズを救うアプローチも楽しみにしています♪

全13件中 1 - 10件を表示

MBの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

メンズファッションの解剖図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする