美しい色の町なみ

著者 :
  • エクスナレッジ
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767822747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 街のカラーごとに分野が分かれていて、それぞれのカラーの意味が書いてあって、ただおしゃれだからカラーにしている訳では無く、ちゃんと意味があってカラフルにしてる所が多かったので驚かされました。 とくに私は街一面が青色のモロッコのシャウエンという街が綺麗でいつか行ってみたいと思いました。

  • 世界はこんなにカラフルだ!!!!

    カラフルタウンの旅に出かけよう!
    RED
    BLUE
    PINK…あなたのお気に入りの町はどれ?

  • 世界中のきれいな街並みが、ポップ、パステル、クラシカル、黄色、ピンク…と色分けされて載っている。

    きれいだな。この色もいいけどこっちもいいな。今年の連休はここに行きたいな。
    と、美しい写真にキャプション、アクセス情報を含め、いろんな妄想がふくらむ。
    眺めているだけでしあわせになれる本。

  • カラフルだったり、ブルー一色だったり、あるいはセピア色だったり・・・と色に特色のある世界の街並みを紹介した写真集だ。
    写真が綺麗で(巻末を見たら案の定アフロだった。アフロすごいな)ぱらぱらとめくっていて楽しい。
    霧の濃い町では、濃霧の日でも自宅がわかりやすいようにと各々で家の壁に色を塗った、という説明があったりして、なるほどカラフルな街並みにも意味があるんだなと興味深い。
    逆に、映画のロケ地になったために青い街になってしまったり、当時の為政者の意向で町の色が統一されたりと意味もなく強制的にその色に染め替えられた歴史がある街もあったりして、成り立ちがいろいろなことが面白かった。

全4件中 1 - 4件を表示

淡野明彦の作品

ツイートする