写真に残された絶滅動物たち最後の記録

  • エクスナレッジ
3.60
  • (2)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 104
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767824383

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 掲載種はほとんどが鳥類。だけど、人間が地球上を開拓し始めてから、絶滅まで、適応のための進化が追いつかないくらいあっという間だったんだなってことがよくわかった。

  • 今も絶滅の危機に瀕している動物達がいるので、心苦しい、、、。環境破壊を止めるべきである。

  • ↓利用状況はこちらから↓
    https://mlib3.nit.ac.jp/webopac/BB00547126

  • 絶滅動物たちが最後にカメラに収められた貴重な写真を見ることができます。絶滅した背景には人間が関係してることが多く、考えさせられました。

  •  表紙のフクロオオカミのことを知りたくて手に取ったら、思いのほか、鳥がたくさん載っていました。内容はタイトル通り。心苦しい気持ちにもなりますが、今の動物たちを大切にしたいという強い気持ちもわき出てきます。昔の生き物だけど、これは「ちょっと昔の」。
    (一般担当/かしゃ)令和元年6月の特集「写真を楽しもう!」

  • 2018/12/26 詳細は、こちらをご覧ください。
    『あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート』 → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1182.html
     
    写真に残された絶滅動物たち最後の記録

    ■ 本書掲載の絶滅動物
    ・オオオビハシカイツブリ
    ・ワキアカカイツブリ
    ・バライロガモ
    ・ニューイングランドソウゲンライチョウ
    ・ウェーククイナ
    ・レイサンクイナ
    ・エスキモーコシャクシギ
    ・リョコウバト
    ・カロライナインコ
    ・ゴクラクインコ
    ・ワライフクロウ
    ・ハシジロキツツキ
    ・テイオウキツツキ
    ・ヤブサザイ
    ・アルダブラシマヨシキリ
    ・ムナグロアメリカムシクイ
    ・キモモミツスイ
    ・キガシラハワイマシコ
    ・キゴシクロハワイミツスイ
    ・カオグロハワイミツスイ
    ・マリアナヒラハシ

    ・フクロオオカミ
    ・オオツギホコウモリ
    ・カリブモンクアザラシ
    ・ヨウスコウカワイルカ
    ・クアッガ
    ・ションブルグジカ
    ・キタハーテビースト


    内容 : 原タイトル:Lost animals
    絶滅動物に関する世界的権威であるエロル・フラーが、絶滅動物の写真記録に焦点を当て、それぞれの生き物がなぜ絶滅したのか、写真にまつわる物語を紹介する。
    19世紀から2000年代までの写真を多数掲載。

    著者 : エロル・フラー
    画家、作家、自然史の専門家。
    オオウミガラス、ドードー、フウチョウについて権威ある著作を発表し、美術史に関連する著述も行っている。

    訳 : 鴨志田恵

    2018/2 借りる。 読み始める。 読み終わる。
     

  • フクロオオカミ、リョコウバト、クアッガ、ヨウスコウカワイルカ、ワライフクロウ。こういった固有名詞にある種のエモさ(この場合は、後悔と郷愁で胸が締め付けられるような感情移入)を感じる人なら、本書でより深いエモさを感じることができるだろう。

  • Extinct Birdsの著者で、絶滅種研究と著書と絶滅種を題材にした画家として有名。絶滅鳥類の専門の人かとおもっていたら、鳥類以外もコレクトしたりしてたんですねぇ。彼のアウクとかドードーとかパッセンジャーピジョンとか読んだことありますわ。どこかで見た写真が多いですが、こうまとめられると罪悪感と憤りは倍増。

  • 鳥が多い。なぜたろうか?

  • 98-9-7

全13件中 1 - 10件を表示

鴨志田恵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×