奇界遺産3

著者 :
  • エクスナレッジ
4.06
  • (12)
  • (15)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 152
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767828916

作品紹介・あらすじ

『奇界遺産』七年ぶりの集大成・奇妙な世界をめぐる、狂気の旅

2010年に刊行され、現在も版を重ねるヒット作『奇界遺産』シリーズ、7年ぶりの続編。
今作では北朝鮮のマスゲーム、アメリカのバーニング・マン、北極の少数民族ネネツ、
日本の軍艦島をはじめ、幅広いジャンルの世界各地の奇妙な文化を収録。

アートディレクション&デザイン:古平正義 解説:横井雄一郎(TBSテレビ)

【本書より抜粋】
私は一般にラスコーの洞窟壁画に象徴される、人間のを作り出す想像力や好奇心こそが、
人類を駆動させてきた力そのものではないかと、ずっと考えている。
その結果生まれたものたちを『奇界遺産』と呼んでいるわけである。
それは洞窟にはじめて壁画を描いたホモ・サピエンスの閃きであり、
イースター島を目指して海を渡った人々の意思であり、
月を見るために宇宙ロケットを考えたツィオルコフスキーの情熱である。
あるいは密林で不可思議な仮面をつける部族の踊りであり、奇妙な彫像が立ち並ぶ庭園の眺めであり、
北極でトナカイと暮らす人々の祈りであり、死者と交信して語らう老婆の言葉である。
その力は人間の生存には不要だが、きっと存続のために必要な何かであった。
本書は、そんな人類最大の無駄、あるいは人類最大の天賦が生み出した奇妙な世界──奇界をふたたび駆け巡った、長い旅の記録である。

【掲載内容の一部】
・ポップでダークな「桃源郷」(北朝鮮) ・緑に飲み込まれた漁村(中国) ・「廃墟の王」(日本)
・ 「世界の果て」の遊牧民族(ロシア) ・泥に埋もれた村(インドネシア) ・砂漠に出現する「架空の街」(アメリカ)
・劇的人工絶景世界(中国) ・珍建築一帯一路(中国) ・囚人の古代予想図(キューバ) ・「地獄の扉」(エチオピア)
・大富豪の奇想の庭園(メキシコ) ・世界一怖いモーテル(アメリカ) ・国家公認「超能力者」育成学校(ロシア)
・革命的盛り上げ装置(台湾) ・ディストピア装置(キューバ) ・異次元オペラ(北朝鮮) ・人類最古の葬礼(インドネシア)
・エキゾチック来訪神(日本) ・死者を担ぐ奇祭(マダガスカル ) ・奇妙な精霊(パプア・ニューギニア)
・人類保管計画(ベネズエラ) ・幽霊の教会(チェコ ) ・20世紀最大の怪物(イギリス) ・死体農場(アメリカ)他

■著者
佐藤 健寿(さとう・けんじ)
フォトグラファー。世界各地の"奇妙なもの"を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。
写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』をはじめ、著書に『世界の廃墟』など多数。近刊は米デジタルグローブ社と共同制作した、日本初の人工衛星写真集『SATELLITE』、
『TRANSIT 佐藤健寿特別編集号~美しき世界の不思議~』、『世界不思議地図 THE WONDER MAPS』など。
テレビ朝日「タモリ倶楽部」やTBS系「クレイジージャーニー」 など出演多数。instagram @x51

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネス湖、軍艦島の有名どころ然り、青い炎の火山やエチオピアの火山「エルタ・アレ」などなど、この第3弾は行きたいところが盛りだくさん過ぎる!

    クレイジージャーニーで観たところもいっぱい載っていて最高でした。

    〈余計なこと〉でこんなワクワクさせてもらえるなんて。第4彈、待ってるぜい。

  • 不可思議な風景や光景・・・奇妙な世界の遺産の写真集3冊目。
    54の場所を、奇態・奇矯・奇傑・奇物・奇習・奇怪に分類。
    日本は5カ所を紹介。1カ所につき2~8ページ。
    ほぼ写真。添えられた文は軽妙洒脱。
    奇界地図有り。イラストは大友克洋。
    3冊目であっても更にパワーアップ!
    難関だらけな場所にも潜入した、濃い内容です。
    天才or変人、芸術or我楽多、テーマパークor迷宮、名園or廃墟、
    信仰or狂信・・・等々、見方次第ではどちらにも当てはまる、奇界。
    かかしの里の手作りかかしの愛らしさが、
    人形の島の人形の不気味さと対比し、感じる混迷。
    人の手の少しの誤りでも発現してしまう、自然の驚異。
    それでも圧倒されるヒトの行い・・・北朝鮮のマスゲームは驚愕!
    そして、これらは新型コロナウイルス感染症流行前の現在。
    改善され、世界的なロックダウンが解除された後の未来に、
    どのような奇界遺産が形成されることでしょうか。

  • 今回収録されている奇界遺産は、クレイジージャーニーで映像として見たものもいくつかある。相変わらず佐藤健寿氏の取材力には圧倒される。
    共産党ホールとして知られるバズルージャは、廃墟写真集かなにかで見て以前から知っていたけど、朽ちた姿も美しくてやっぱり好き。
    今回は日本からも5カ所収録されていて、そのうち2カ所が青森県、しかも新郷村は私の出身地の隣村。ちなみに「ナニャドヤラ」は地域で広く踊られている盆踊りのひとつ。

    後記の『いつか今回の災禍が終息し、世界が「再生」するときに、新たに生まれるもの。それはまた人類の過剰な想像力と好奇心から生まれる、世にも奇妙で、ときに美しい、<余計なこと>なのだろう。』という部分が印象に残った。

  • 有名な場所から、全く知らないところまで。
    今回も写真&秀逸な解説文が最高でした。
    こうやって見てみると、日本も意外とやるじゃん。悪石島はこのところ地震で知った島だけど、こんな風習あるとは。コロナで外国の取材に行きにくいだろうから、日本版奇界遺産作って欲しいなぁ。
    印象に残ったのはマトリョーシカ・ホテル、ハイエナマン、クラウン・モーテル、ボゼ、新郷村(自由すぎる道路標識)、人形島、ボディ・ファーム。
    もちろん、これだけでなく、全体的に圧倒されました。

  • クレイジージャーニー再開してほしい

  • クレイジージャーニーまたやってほしいな。
    旅に出たくなる。

  • 安定の奇怪遺産.時々引っ張り出して眺めたくなるモノばかり.

  • 本当に面白い本/写真集です。寝る前に眺めてるだけで楽しくなります。ゲームの世界よりもさらに現実離れした世界がここにはあります。永遠に読み終わることのない希有な一冊です。
    難点はちょっと値段が・・・。ただ、内容を考えると格安とも考えられますが。お財布にはちょっと優しくないかな。

  • 世界にはまだまだ奇妙なものが溢れている

  • 佐藤さんの写真もさることながら文章がとても好き。
    誠実で飾らない人柄が溢れていると思う。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

写真家・作家。武蔵野美術大学卒。世界各地の“奇妙なもの"を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。著書に『奇界遺産』『奇界遺産2』『世界の廃墟』『SATELLITE』『THE ISLAND 軍艦島』『世界不思議地図』『ヒマラヤに雪男を探す』『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』『世界伝奇紀行』〈中国・西遊妖猿伝編/パプアニューギニア・マッドメン編〉(諸星大二郎との共著)などがある。「タモリ倶楽部」「クレイジージャーニー」「ニッポンのジレンマ」「ラジオアドベンチャー奇界遺産」ほか出演歴多数。

「2020年 『奇界紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤健寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×