東京の美しい図書館

著者 :
  • エクスナレッジ
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 342
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767829098

作品紹介・あらすじ

いつまでもいたくなる
本に囲まれた空間、本のための建築

図書館はいま、本の貸出や閲覧だけではなく
人と人が交流するコミュニティの場としても活躍しています。
知の殿堂として膨大な蔵書や資料を収蔵している図書館
地域のランドマークとなる斬新なデザインの図書館
歴史ある建物をリノベーションした図書館
住民のディスカッションから生まれた図書館など
本書では、建物としても見応えのある、首都圏近郊の図書館をご紹介しています。

名建築が好きな人はもちろん 本が好きな人、本に囲まれた空間が好きな人
図書館が心の拠り所だった人、図書館にいると心が落ち着く
そんな方にお勧めしたい1冊です。

◎本書に掲載した内容は2021年4月現在のものです。
変更の可能性があること、感染症の影響により通常時とは異なる利用方法、
開館時間となっている場合があることをあらかじめご了承ください。
詳細は各図書館のホームページをご確認ください。
◎図書館利用に際してはルール・マナーを守ってご利用ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美術館と並び、館自体が芸術。
    NYなど世界的にも美しい図書館はたくさんあるが、日本の公共•大学図書館も負けていません。

  • 日頃も近所の図書館にはしょっちゅう行くし、出先で時間を潰す必要があるときに、カフェなどに行くより近くに図書館があれば行くほど図書館がすきなので、東京にある美しい図書館を知って、近くに行ったときに寄ってみたりしようと思った。

    図書館の歴史と、実際の図書館を21館紹介している。

    期待と違って残念だったのは、以下の点
    ・「東京」というタイトルなのに、埼玉や群馬の図書館も紹介している。それなら「関東」とかのタイトルにすればよかったと思う。
    ・大学の図書館など利用者が限定されている図書館を紹介されても行けない。
    ・紹介されている数が少ない。
    ・個人的には荒川区の「ゆいの森」がすきなのだけど、載っていなかった。

  • 地元の図書館だけでなく、コロナ禍が収束したら紹介されている図書館を巡りたいです。
    美しい建物、たくさんの蔵書に囲まれて時間を過ごせれば最高ですね。

  • 行ってみたいところがいっぱい。
    図書館でゆっくり読書したいなぁ。

  • タイトル通り東京を中心に関東に存在する「美しい」図書館が紹介された一冊。「公共図書館」「学校図書館」「旧図書館」の3カテゴリで構成されており、図書館の外観や内部の写真がたっぷり収録されている。収録されているすべての図書館が綺麗で、地元にあったら絶対に通いたくなる。中でも美大の図書館は美術館みたいな図書館が多く、特に2006年に設立された吉祥寺にある「成蹊大学情報図書館」は、映画でよく見る宇宙都市みたいな構造をしていて、蔵書数も130万冊もあり、一度行ってみたくなった。

  • 2021/10/05リクエスト  1

    本当に美しい図書館ばかり。うっとりします。
    行きたいと思っていた図書館も、知らなかった図書館もあり、貸出カードまで載っていたら完璧だったなと思います。
    とても素敵な図書館なのに、カードがダサいところはたくさんあるので。

    子どもの通う大学も載っていて、やはり素敵でした。本人曰く使いにくいそうですが…

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

フリーライター。富山県高岡市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
建築・住宅・インテリア・雑貨など、幅広いテーマで執筆。
著書に『日本で最も美しい図書館』(エクスナレッジ)、
『イケアはなぜ「理念」で業績を伸ばせるのか』( PHPビジネス新書)、
『会社に雇われずにフリーで働く! と決めたら読む本』(明日香出版社)。

「2021年 『東京の美しい図書館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立野井一恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
宇佐見りん
ヨシタケシンス...
瀬尾まいこ
森見登美彦
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×