TOKYO図書館紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 1)

  • 玄光社 (2012年2月29日発売)
3.79
  • (23)
  • (40)
  • (37)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :694
  • レビュー :65
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768303603

作品紹介・あらすじ

図書館をめぐる知的な旅に出よう

未知の「知」と出会える、素敵な東京の図書館、30館を紹介。
わざわざ訪れたい、行ってみたくなる図書館が必ずあります。

堀江敏幸、華恵、いしいしんじによる書き下ろし図書館エッセイのほか、
コラム「もっと図書館を知るための用語集」、「図書館紀行を楽しくする5つのお話」も収録。

TOKYO図書館紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012年発表。


    歴史ある建築物を誇り
    その存在自体が重厚な図書館、

    日本中の知を集めた
    他に類を見ない蔵書を持つ図書館、

    文学や暮らし、食など
    特定分野に特化した
    専門図書館、

    美術書や芸術作品を思う存分に読める
    アートな図書館など、


    未知の「知」と出会える、
    素敵な東京の図書館30館を
    テーマ別に紹介した、
    本好きなら
    ヨダレタラタラな一冊です♪


    個人的には専門図書館の
    紙の博物館や
    味の素食の文化センターや
    現代マンガ図書館が
    気になったなぁ(笑)



    自分は、
    暇さえあれば
    本屋か図書館に入り浸ってるくらい
    とにかく本が好きな子供でした。

    自分にとっては
    歌は希望で、
    本は夢だったんですよね。


    と言っても表向きは
    野球少年だったので、
    ガリベン君は嫌いだったし、
    学校の図書室でも
    退屈そうな顔してたけど、

    休みの日には
    こっそり図書館に入り浸ってるような
    なんか屈折した性格の
    ヤなヤツでした(^_^;)


    図書館の
    紙が音を吸い込んでしまう
    あの静けさと、

    紙独特な匂い。


    う〜たまらん(嬉)(>_<)




    図書館のいいところは
    売ることを目的とした書店と違って、
    比較的、流行りに左右されない
    本選びができること。
    (カテゴリー別に並べられているので、古くてもいい本との出会いが沢山あるんです)


    本を読むために作られた静かな空間で
    思う存分本に浸れること。

    自分が望めば、
    膨大な知識をタダで
    手に入れられるし、
    知らなかった新しい扉を
    次々と開いていけること。



    普段は手にとることのない
    一冊の本との出会いが
    自分の人生を変えることだってあるんやから。


    だから図書館は面白い(笑)



    次は是非とも、
    大阪版、

    いや、全国津々浦々の
    独自色のある図書館を
    見てみたいなぁ〜(^O^)

    • かすみさん
    • かすみさん
      この本はかなり気になっていて買うかどうするか、現物を見て決めようと思っているところです(笑)

      ちなみに、私のブクログ本棚にもありますが、海外の図書館の写真集『Libraris』もかなりオススメですよ!

      日本の図書館をどうゆうかんぢで収録してるのか気になります。写真集ではなくガイドブック的なかんぢなのかなぁと思っています
      2012/03/14
    • 円軌道の外さん

      コメントありがとうございます(^O^)

      大きなサイズの本ではないし、
      かすみさんがお察しのように
      写真集というよりは
      ガイドブック的な感じです。

      自分は本がズラリと並んでる写真や
      空間を想像できるだけで
      顔がニヤける体質だし(笑)、

      いろんな図書館が見てみたかったので、
      個人的には楽しめたけど、

      人によっては
      物足りないと感じる人もいるかもしれないですね(^_^;)


      購入は一度手にとって
      確認してからの方がいいかと思います。

      あと海外の図書館の写真集の紹介、
      ありがとうございます(^O^)

      めちゃめちゃ興味あるんで、
      大きな書店行ったときにでも
      探してみますね♪


      ありがとうございました☆

      2012/03/14
  • 都内の図書館のガイドブック。
    公共、大学、専門、個人などバラけて紹介されていて何処も行ってみたいと思わせてくれる。
    時間から貸し出しの有無、料金など必要情報もきっちり書いてあって便利。

    特に赤レンガとか気になる。

  • 今までの私にとって“図書館”は本や人との単なる出逢いの場でしかなかった。
    しかしひとつの建築物として魅力的だから、というような理由で行ってみたい図書館がこの本にはたくさん載っていた。
    せっかくなので是非近いうちに巡ってみようと思う。
    この本のおかげで今までとは違った視点でも図書館が好きになりそうだ。
    読んで良かった!

  • やられたと思った。
    こういう本を書きたくて,いろいろ整理していたところだった。
    図書館
    http://bit.ly/P9lrtG
    美術館
    http://bit.ly/LU6m0m

    写真はさすがに専門家が取っているので奇麗。
    紹介している場所も,写真写りがいいところが多い。

    東京のいろいろな所にある図書館の一覧がない。
    この本に勝てる方法が思い浮かんだのでよい機会だと思った。

    ビンチはチャンス。

  • 誰か今度図書館デートしてください。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「図書館デートしてください。 」
      待ち合わせには使ったコトがあるけど、デートはしたコトないなぁ、、、
      2014/02/26
  • 特に東大の総合図書館の空間が本を読むのに魅力的だと思った。
    このような設備(内観)の図書館が増えてほしいと切に願う。
    見ているだけで癒された。

  • 東京に行った時に、寄れるようにチェックしておこう。。。

  • 東京の公共、専門、大学図書館などを美しい写真とともに紹介。図書館エッセイも収録。行ってみたくなる。

  • 図書館の底力!まだまだ面白い図書館、たくさんあるんです!

  • 一番行ってみたいのは、私設の漫画図書館。手塚治虫ファンとしては行かねば。作家によっては、デビュー作や初期作品もあるとのこと。

    わたしは本屋さんも好きだけど、一番好きなのは図書館かもしれない。図書館って、なんであんなに居心地がいいんだろう。あの場所は、こころから本が好きな人しか行かない気がする。ロマンチックなインテリアはないし、受付にいるのはおじさんやおばさんだし、流行を求めに立ち寄る女の子はいない。やっぱり、図書館は魅力的である。

全65件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュンク堂書店新...
冲方 丁
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

TOKYO図書館紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 1)に関連する談話室の質問

TOKYO図書館紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする