KYOTO本屋さん紀行 (玄光社MOOK KYOTO INTELLIGENT TRIP 2)

  • 玄光社
3.85
  • (9)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 129
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768304273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやぁ〜
    待ってました!

    ついに京都版が出ましたね(^O^)


    皆さんは
    最近の本屋さん事情に
    どんな思いを持ってますか?


    どんどんシステム化され
    巨大になっていく本屋だけど、
    「心のやりとり」や
    血が通ってないシステムは
    いつか滅びるし、
    (書店というのは、ふらりと入って、ふらりと出られるからいいんスよね。売ることを前提とした本屋には魅力を感じない)

    本屋は
    ただ本を売る場所ではなく、
    書店員さんの
    本への『好き』が溢れた、
    (これがない店員が多すぎる!)

    普段は手に取らない新しいドアを見つけだせる場所、

    本と出会う場所であって欲しいと
    紙媒体が好きな自分は思います(^_^)



    ということでこの本には
    チェーン展開する大型書店とは一線を画した、
    一冊一冊と丁寧に向き合い
    一人一人に手渡す、
    京都の本屋さん23軒が
    店内が覗ける豊富な写真で紹介されています。


    荒井良二氏による立て看板が出迎えてくれる
    四条河原町にある
    子どもの本専門店の
    「メリーゴーランド京都」、

    書棚の編集力の良さに
    必ず思わぬ本との出会いが約束された
    「恵文社一乗寺店」、

    嵐山にある
    まるでカフェのようなお洒落な古書店
    「London Books」、

    ロック好きにはたまらないセレクトが並ぶ
    京都一小さな
    インディペンデントブックショップ
    「NOT PILLAR BOOKS」、

    外観は普通の二階建ての家。
    靴を脱ぎスリッパに履き替えれば
    美術書の海を漂える
    「山崎書店」、

    いしいしんじが窓ガラスに書いた
    即興小説が読める
    唯一無二のセレクト書店
    「ガケ書房」、

    など京都の町自体が
    古さと新しさが共存した異空間なだけに
    そこに根付いた本屋さんとなれば
    想像を遥かに凌駕する新しい世界を
    訪れる人に見せてくれます。


    孤独に押しつぶされそうな時も
    一人ぼっちだと感じる夜も
    本はいつだってそばにいるし
    あなたを裏切らない。

    本の中から希望を見つけ
    力を得る強さを
    もっともっと多くの人が手にできますように。


    早川茉莉さん書き下ろしエッセイと
    各書店主のオススメ本46冊も
    よだれたらたらになります!(笑)

  • 京都行きたくなる。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「12、3年前くらいは」
      京都で学生されていたのかな(要らぬ詮索でした)
      「12、3年前くらいは」
      京都で学生されていたのかな(要らぬ詮索でした)
      2013/08/06
    • ミラコさん
      です。エイデン乗って大学通ってました〜。
      です。エイデン乗って大学通ってました〜。
      2013/08/06
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「エイデン乗って」
      おー、と言うコトは、アソコかな?それとも、、、

      その内の一つが出している「木野通信」に、木皿泉のインタヴューが載ってい...
      「エイデン乗って」
      おー、と言うコトは、アソコかな?それとも、、、

      その内の一つが出している「木野通信」に、木皿泉のインタヴューが載っていると聞いて、先日知人に借りて読みました。。。
      2013/09/19
  • 店主さんへの丁寧な取材が感じられる本。観光で京都を訪れるなら、どの本屋さんに行くかすごく迷いそう。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「すごく迷いそう。 」
      観光とセットでしたら、、、
      銀閣寺に近い「ガケ書房」かな。それか詩仙堂へ行って「恵文社」も良いですよ!
      「すごく迷いそう。 」
      観光とセットでしたら、、、
      銀閣寺に近い「ガケ書房」かな。それか詩仙堂へ行って「恵文社」も良いですよ!
      2013/06/26
  • 行ったことがある本屋も、ない本屋も。古本屋さんは、入ってもどこをどう見たらいいのかわからずすぐに出てしまう。古本の良さがわかるようになったら古本屋さん巡りもしてみたい。

  • 恵文社一乗寺店をはじめ、京都には個性豊かな本屋さんや古書店がたくさんあるなぁと思いました。大型書店はアクセスが良く品揃えも豊富なのでよく行きますが、京都で一番好きな本屋さんはどこかと聞かれるとやはり恵文社一乗寺店。本のセレクトが本当に良く、右を見ても左を見ても好みの本と目が合うのだもの。

  • 行きたい本屋が沢山あって大変!!
    京都にも色々素敵な本屋があった。

  • 2014.12.16

  • “そこ”でしか出会えない本がある

    本屋という異空間へ旅立とう
    あたらしい“何か”に出会える書店、一つの分野をぐっと掘り下げる書店、楽しさがちりばめられた書店など、カテゴリーに分けて紹介。
    あなたの書店選びの参考にしてほしい一冊!
    街角で本とのひとときを楽しめるブックカフェも併せて紹介しています。
    (院生アルバイト/2014年度夏展示)

  • 個性的で、味のある、京都の本屋さんめぐり。こうした本屋や、そこで選んだ本がゆっくり読める喫茶店がたくさんあるという点で、やはり京都は文化度が高いなあ、と感心する。
    本+コーヒーの幸せな融合の場所づくりを検討中のため、大変参考になった一冊。 手元において何度も眺めることになる予定。

  • 京都の本屋さんが古書店・新刊書店等々
    掲載されており地図も巻末に掲載。
    老舗から新店まで幅広く掲載されています。

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
冲方 丁
村上 春樹
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

KYOTO本屋さん紀行 (玄光社MOOK KYOTO INTELLIGENT TRIP 2)を本棚に登録しているひと

ツイートする