写真集のつくり方 (玄光社MOOK)

著者 :
  • 玄光社
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768305188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SNS全盛の時代、1枚作品が殆どだが、写真集、組み写真はどうつくればいいか。インターネットで格安のフォトブックを作り始めて、気になり手にしました。
    撮り続ける。アプローチとしては参考になりました。
    ただ、中身が文字の説明が多く、読むのがつらい。
    そして組み写真を見ていても、ストーリや推測する力が弱く、一枚作品慣れしてしまったいると、どうも感動が少ない。

  • 撮った写真を整理して、まとめて自分の物語をつくりあげていくという作業は楽しい。先ずはテーマを見つけること。モチーフ、コンセプト、主張、メッセージ。例えば、街角、自転車のある風景、定点観測、街角植物、光と形、ノラ猫、旅、人との出会い、ドキュメンタリー。組写真では何気ない写真が生きてくる。写真集では白フチも作品の一部。

  • この本では、組写真の延長線上に写真集があるとする。今まで、組写真の存在は知っていても、何となく「こういうものかな」という勝手な想像をしていた。作者は納得感のあるロジックの組写真論を展開し、ある意味で開眼させられたような気分。

  • 写真の取り方からテーマについて、写真集を作成していくまでの手順も解説しており金額等にもふれていて参考になりました。

  • 自分で製本するノウハウ本かと誤解して
    手に取りました…全然違いました(++ゞ
    心構えというか考え方とか。
    アマチュアカメラマンを対象にしているのかな?

全5件中 1 - 5件を表示

丹野清志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする