ズームレンズは捨てなさい! 〜3万円単焦点レンズで世界を変える〜 (玄光社MOOK)

著者 :
  • 玄光社
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768306062

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ズームレンズを捨てろ」とは言わないが、その弊害をついた言葉がはじめに登場する。

    >>>>
    「標準ズームレンズ」はいずれも高性能。
    (中略)
    ズームレンズしか知らないビギナーはF値や焦点距離によって異なる被写界深度やパースペクティブの変化を体得できず永久にズームレンズを回し続ける。
    <<<<

    標準レンズが悪いわけではないが、使い続ければ、次の一歩が出ない。単焦点の利点が、ただ「ボケがすごい」ということになってしまう。

    それでは数万円を出す価値があるのか?
    という疑問は当然で、また性能のいいズームレンズを買うのだろう。

    私はすでにズームレンズを殆ど使わないが、使わないでいるとわかる世界。使わなくて気づける世界があった。

    ~~~

    しかし、本書の大半を占めるレンズレビューについてはどうかと思う点が多い。

    文書の問題ではない。

    あまりに作例が乏しい。
    1枚しかない写真がこれか?と疑うもの。
    「3万円以内」と言いながら、ボディは数十万円する「Leica M」での撮影。

  • 最近のズームレンズは割と高性能だが、ズームレンズしか知らないと、F値や焦点距離によって異なる被写界深度やパースペクティブの変化を体得できず、永久にズームリングを回し続けることになる。単焦点レンズの個性ある描写の世界へようこそ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

写真家

「2016年 『銀塩カメラを使いなさい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ズームレンズは捨てなさい! 〜3万円単焦点レンズで世界を変える〜 (玄光社MOOK)のその他の作品

赤城耕一の作品

ズームレンズは捨てなさい! 〜3万円単焦点レンズで世界を変える〜 (玄光社MOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする