「格差の時代」の労働論―ジョン・ロールズ『正義論』を読み直す (いま読む!名著)

著者 :
  • 現代書館
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768410042

作品紹介・あらすじ

一九七一年に出版されたジョン・ロールズ『正義論』は、二〇世紀政治哲学の名著であるだけでなく、近年のテレビや出版におけるサンデル『白熱教室』での正義論ブームの中で新たな注目を浴びている。本書は、そんな大著を先導役にしながら、仕事、結婚、家庭、教育などいくつもの格差が循環的に絡まりあう現代の「格差社会」で働くことの意味を考えていく。ヘーゲルなどを参照した哲学・倫理学的熟考を出発点とし、ロールズの構想していた「財産所有の民主制」という社会政策の検討を経由しながら、最後は本書なりの「正しい労働」を導き出していく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID:21402439
    請求記号:321.1||F
    配架場所:普通図書室

全1件中 1 - 1件を表示

福間聡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「格差の時代」の労働論―ジョン・ロールズ『正義論』を読み直す (いま読む!名著)はこんな本です

ツイートする