知的・発達障害児者の人権―差別・虐待・人権侵害事件の裁判から

著者 :
  • 現代書館
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768435342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 発達障害児の親で、弁護士で、そういった子供たちの権利を守るための活動をいろいろやっているらしい著者ということでとても期待していたのだが、ちょっと残念だった。
    ご子息の養育で、相当に苦労し悩み、親としてできる限りの努力をしてこられたことは間違いないのであるが、発達障害であることを問題視して、克服すること・できるようになることを是とする、定型発達者からの視点にしか立っていないように見えるのが、とても気になった。
    それはちょっと違うのではないか。

    問題なのは、知的障害にしろ発達障害にしろそういう障害を受け入れ難くしている社会なのであって、克服すべきは社会の意識の方。子供たちは社会が変わっていくまでは、ちょっとした理解をしてもらいながら、その子らしく過ごしていけるよう、工夫して配慮しながら生きていくべきものではないのか。
    向いている方向がずれている気がしてならない。

    2章以降は、自分が実際に携わった案件を具体的に裁判の論点、進行具合などを挙げながら紹介しつつ持論を展開しており、本当の意味での、社会の中での障害者の立場、権利、受け止め方などがよくわかるものとなっていて、障害者にかかわる問題点を考えるうえで非常に参考になる。
    ただ、感情に任せたような、ややもすると思考的な偏りすら感じられる語り口が随所に見え隠れするのがどうにも気になり、星は3つに。

  • この4月から「障害者差別解消法」が施行されたということで、知らずに手に取ったのですがタイムリーでした。

    第1章において著者ご自身の知的発達障害児との関わりと経験を書かれておりますが、読みながら違和感ばかりでした。平たく言うと知的発達障害に対する認識が古い、ということでした。
    著者経歴を見ると本書発刊時は70歳を越えられております。著者ご自身の、自閉症をはじめとする知的発達障害者との関わりの歴史を考えたら、当時はそのような認識かつ対応だったのだろうと推察いたしました。
    親御さんとしてお子さんに精一杯対応・養育をされたのだということは伝わりました。

    第2章以降は具体的な人権侵害事件の事例を詳しく解説しており、弁護士としての著者の活動や事件に対する当時の社会の障害者に対する受け止め方など知ることが出来ました。

    「権利の福祉」ではなく「与えられた福祉」であることから人権侵害を受けても保護者が訴えることが出来ない状況であるとか、自閉症者が仕事を行ううえでは健常者以上(ジョブコーチを付けるなど)の配慮が必要というような当事者(障害者本人だけでなく保護者も含む)ならではのたくさんの視点や指摘がありました。しかし全体的には著者独自の意見や見解が多い、という印象もあります。若干客観性を欠いていると思われる記述もありました。

    それでもこのように知的発達障害者の側に立ち、その権利を守るべく闘ってきた方々がおられたことで「障害者差別解消法」などの法整備も整ってきたのでしょう。
    まだまだ未整備のものや、おかしな制度もたくさんありますが、今後はもっと改善されてゆくことを願います。

  • 第1章以外は、障害児者の人権に関する裁判の記録とその分析であり、客観的で冷静で学術的である。第1章だけがなぜか情緒的であまり科学的でない記載になっているのが残念、ではあるけれど、障害児者の人権のこれまでそしてこれからを考える上では有意義な資料である。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1943年、東京生まれ。
68年、中央大学法学部卒業。71年、裁判官就任。73年、弁護士となる。
東京弁護士会「子どもの人権と少年法に関する委員会」委員、日本弁護士連合会「障害のある人に対する差別を禁止する法律に関する調査研究委員会」委員、「チャイルドライン支援センター」監事、元立教大学非常勤講師「人権論」。
主な著書に、『知的・発達障害者の人権――差別・虐待・人権侵害事件の裁判から』(現代書館、2014年)、『性教育裁判――七生養護学校事件が残したもの』(岩波ブックレット、2009年)、『子どもの人権ルネッサンス』(明石書店、1995年)、『障害をもつ子どもたち』(編著、明石書店、1999年)。共著に、『障害のある人の人権状況と権利擁護』(明石書店、2003年)、『ところで人権です――あなたが主役になるために』(岩波ブックレット、1999年)、『子どものための人権ノート』(明石書店、1995年)、『子どもの人権110番――子どもたちをどのように救済できるか』(有斐閣、1987年)。

「2015年 『子どもの権利と人権保障』 で使われていた紹介文から引用しています。」

児玉勇二の作品

知的・発達障害児者の人権―差別・虐待・人権侵害事件の裁判からを本棚に登録しているひと

ツイートする