まぁ、空気でも吸って-人と社会:人工呼吸器の風がつなぐもの

  • 現代書館
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768435434

作品紹介・あらすじ

医師に3歳までの命って言われたんだもん-寿命の13倍生きてわかること。脊髄性筋萎縮症2型という難病をもち、成長する障害と共に地域で当たり前に生きる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人には社会と繋がって生きることが必要だ。

  • ヘルパーのことをアテンダントと言ってるのが不思議というか、もう少し説明してくれてもいいように思った。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

聖心女子大学文学部、日本大学経済学部大学院卒。税理士・行政書士。税理士法人タックスアドバイザーズ代表社員。元英語会議通訳。様々な国籍の人々とコミュニケーションをしてきた経験を、税理士業務に生かすことを心がけている。

「2016年 『サラリーマン家庭の相続』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海老原宏美の作品

ツイートする