精神病院はいらない!: イタリア・バザーリア改革を達成させた愛弟子3人の証言

著者 :
  • 現代書館
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768435502

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • DVD付きの対談と解説本。
    映画の評価としておもしろかった。
    考えさせる作りの二枚組の約3時間ボリューム。
    人間は人間という社会生活の中にいることが自然だとよくわかる。
    精神病院は理想像なのか?イタリアの法律改正に戦ったものたちの礎からは人権とは何かが問われる。
    苦しいから狂うのか、狂うから苦しいのか。

  • 【人として関われば良い】
    イタリアのトリエステで、精神病院を廃止し、精神障がい者を地域で暮らすことができるように「大改革」を行った精神科医のバザーリア氏、その哲学を引き継いだトリエステ歴代精神保健局長達の、日本における公演の記録である。

    精神科医や精神保健局長という「権威」が行ったのは『ソーシャルワーク』だった。
    精神障がい者に正面から向かい合い、話し合い、共感する。
    権威がある人にそんなことされたら敵いません。
    残念なのはイタリアでも日本でも「対抗勢力」が少なからずいること。
    DVDがまた素晴らしい!

  • 棚番:D13-01

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト、東大(科学史科学哲学)卒、元朝日新聞記者、元大阪大学大学院教授(日本の国立大学初の福祉系講座の初代教授)。1970年に都内の私立精神病院にアルコール依存症を装って入院、『ルポ・精神病棟』を朝日新聞に連載。鉄格子の内側の虐待を白日のもとに。『ルポ・精神病棟』(朝日新聞社)、『精神病院を捨てたイタリア捨てない日本』(岩波書店)など著書多数。2008年フランコ・バザーリア財団からバザーリア賞を授与。


「2016年 『精神病院はいらない!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大熊一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
卯月 妙子
ジェイムズ・P・...
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×