100歳時代の新しい介護哲学: 介護を仕事にした100人の理由

  • 現代書館
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768435687

作品紹介・あらすじ

元芸人、元銀行マン、元ダンサー、元主婦……、様々な人生が様々な理由で「介護の仕事」へたどり着く。起業チャンスに賭けて、生活のために、たまたま知人の紹介で、母親の背中を追ってなど、はじめたワケはそれぞれだけど、いつの間にかのめり込み、介護職という人生にはまり込んだ100人100様のリアルな声を集めた稀有な一冊。これから介護される人も、これから介護する人も必読!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 介護職になるまでの様々な職
    どの話も面白い
    可能性に満ちた業界だ

  • 他業種から介護職に転職した人のライフストーリー集。ケアサポに掲載されていた記事をリライトしたものだそう。
    転職を考えている人の道標だけでなく、人事や管理職、監督職にとっても人材獲得・育成の手がかりになるのではと。

  • 6人の取材チームが3年にわたって介護職の人たちに聞き取りを続けた原稿。様々な分野・世代の人が参入してきている状況で、現場の草の根の介護職の人たちが日々働き、悩み、喜び、自問自答している中の言葉。

    片隅だった介護が、世の中のメジャーになってきた感を受けました。いつかは受ける身としては、希望が持てると思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。ノンフィクション作家。『フイリッピーナを愛した男たち』(文藝春秋)で第21回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。主な著書に『母のいる場所――シルバーヴィラ向山物語』(文藝春秋)、『シクスティーズの日々』(朝日新聞社)、など。両親の介護歴20年。現在、花げし舎を主宰し、編集&取材チームを率いている。

「2018年 『100歳時代の新しい介護哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久田恵の作品

ツイートする
×