ひねもすのたり中国語―日中異文化ことばコラム

著者 :
  • 現代書館
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768456279

作品紹介・あらすじ

中国語教育の最前線で活躍を続ける相原茂先生の語学エッセイ集。中国の人びととのおしゃべりや、教えの場で交わされるちょっとした一言から広がる語学蘊蓄学。ついに今ひそかに進行する日中恋愛バトルにまで及ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相原氏のこの類の本ははじめて読んだ。前半の中国語まわりのエッセイは興味深く読めたが、後半の中国語学のようなお話には興味ひかれるものの、ついていけなかった。勉強不足ね。実際最近勉強してないしね。ほかシリーズも読んでみたい。

  • 中国や中国語に関するエッセイ。
    前半は日中の文化、考え方の違い、中国式恋愛などの話で、中国語学習者でなくても十分楽しめる。
    後半は中国語に関する話題で、個人的には類義語や色々な「おめでとう」のニュアンスの差など、とても勉強になった。

  • P.144
    外来語を漢字で受け入れる際の鋭意、意訳の話は面白い。

  • 後半はチラ見の限りある程度語学を真面目にやってるようだが、とりあえず読んだ範囲まででは、還暦すぎたおっさんがじっくり日本と中国の恋話を語っていて、私には気持ち悪くて読めたものではありませんでした
    中国語の勉強にはもっと適した本がいくらでもあります

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。東京教育大学大学院修士課程修了。中国語学専攻。明治大学助教授、お茶の水女子大学教授を歴任。TECC中国語コミュニケーション協会代表。NHKラジオ、テレビの中国語講座も長年担当。著書『読む中国語文法』(現代書館)、『中国語学習ハンドブック』(大修館書店)、『発音の基礎から学ぶ中国語』(朝日出版社)、『必ず話せる中国語入門』(主婦の友社)等多数。

「2018年 『中国語ひらめき塾』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相原茂の作品

ツイートする