日出づる国の古代史―その三大難問を解く

著者 : 高城修三
  • 現代書館 (2011年2月1日発売)
2.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768456484

作品紹介

歴代の宝算(天皇の年齢)を春秋年で解決。第十代崇神天皇崩年は西暦290年、邪馬台国は大和、卑弥呼は倭迹迹日百襲姫、神武東征は2世紀半ば博多湾周辺部から大和に向けて敢行、を論証。

日出づる国の古代史―その三大難問を解くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 邪馬台国大和説。古代天皇の長寿の謎が解ける春秋年(暦)を使い、紀年の歴史料の復元は割りと興味深かったです。

  • borrowed

全2件中 1 - 2件を表示

高城修三の作品

日出づる国の古代史―その三大難問を解くはこんな本です

日出づる国の古代史―その三大難問を解くを本棚に登録しているひと

ツイートする