十二歳の戊辰戦争

著者 :
  • 現代書館
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768456576

作品紹介・あらすじ

二本松少年隊、少年新選組、衝鋒隊少年隊士、長州干城隊少年隊士、会津白虎士中二番隊、会津白虎寄合組隊、会津娘子軍。未曾有の国難に立ち向かった幼い兵士の証言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二本松少年隊、白虎隊ほか戊辰戦争で戦った少年たち。

  • 幕末大好き!という人ならば西軍東軍好みにかかわらず、一回読んでおいたほうが良いと思われる一冊。良書。
    長州、会津、二本松、新撰組、幕臣など、実年齢10~17歳の少年兵達の手記や回顧録を読みやすく現代語訳にしてあり、初心者でも読みやすい。子供の頃の衝撃的な記憶というのはハッキリと覚えているもので、手記も誇張する事無く生々しく、ありのままが書かれている。
    著者様の【今でも会津などでは「先の戦争」といえば太平洋戦争ではなく、戊辰戦争を指す。それほど怨みは深く、心の傷が癒える事はない。鹿児島では戊辰戦争は忘れられているが、家を焼かれ、親子や兄弟、親族を失った西南戦争は130年の時を経ても忘れられない無念の戦争なのである。ここに至って、人は敗れたことや失ったことどもについては深い悲しみと無念の心が永遠に残っていく】という言葉に考えさせられた。
    この本に掲載されている手記や回顧録は、大正や昭和になってからのものも多い。戊辰で戦った一人の少年兵は第二次世界大戦前まで生前しており、戊辰の戦いを目撃した8歳の子供は昭和30年まで生きていた。新史料も平成になってからも次々と発見されている。それを考えると、戊辰戦争はまだまだつい最近の事なのである。
    この本はキャッキャウフフしながら読むものではない。しかし二本松藩の少年隊隊長と老年隊に激しく興味を抱いてしまった。
    参考文献もちょっと読んでみようと思う。

  •  私たちは十二歳というと何をしていたでしょう。勉強したり、部活などをしていたかと思います。
     1868年、大勢の少年・少女が戦争に駆り出されました。皆さんが知っているのは白虎隊でしょうか。
     この本を読んで、自分が感じ取ったことを子どもに話してあげると良い影響になるかもしれません。
    (教育学部・英語専修/匿名希望)

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1942年、福岡県生まれ。久留米商業高校卒。著書『ブリヂストン 石橋正二郎伝』『シリーズ藩物語・久留米藩』『シリーズ藩物語・福岡藩』『シリーズ藩物語・秋月藩』『十二歳の戊辰戦争』『〈三越〉をつくったサムライ 日比翁助』『キリシタン武将 黒田官兵衛』『東芝の祖 からくり儀右衛門』ほか多数。

林洋海の作品

ツイートする