福島原発人災記――安全神話を騙った人々

著者 : 川村湊著
  • 現代書館 (2011年4月25日発売)
3.43
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768456613

作品紹介

2011年3月11日、東日本大震災により発生した原発事故。東電、政府、関係機関、専門家の過去・現在の発言から事故の責任を問う。

福島原発人災記――安全神話を騙った人々の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  本書はフクシマ原発震災後に書かれた「責任追及」本です。
     あの事故があってから,しばらくは原発関係の本さえ読む気がありませんでした。が,そのうち「以前から危険を指摘していた人の本」をもう一度読み出して,〈誰の予想があっていたのか〉を確認していました。多くの人が,非常電源喪失事故や津波の可能性を指摘していたことを知りました。
     一方,たとえ原発反対派の書いた本であっても「それみたことか」みたいな後出しじゃんけんのような本は読みたくなかったのです。
     でも,本書は,どちらかというと後出しじゃんけんのような本です。
     ここまで事故をひどくしたのは誰だったのか,徹底的に実名入りで書かれています。著者も書いているようにいわゆる推進派からのネットのコピペ情報がいっぱいあります。責任追及がうやむやになっているような現状にある中で,やはりこういう本も必要なんだろうなと思います。
     文章表現はユニークなので,楽しんで読むことができます。一番しんどいのは,推進派の文章です。なんであんなに堅いんだろうなあ。そこは斜めに読んで下さい。

  • 文芸評論家の川村湊さんが素人の立場から
    インターネット上でみつけた報告書、発言集から安全神話を騙ったひとの足跡を追った本。
    総体のせいにせずに少なくともこの人たちは犯人じゃないかという立場である。
    たまたま現役の人が矢面に立つ形になってしまうが、こういう風に批判することはとても大切だと思う。
    それにしても関係者、関連会社、関係省庁の多いこと多いこと 
    戦争に突入していったときの日本とおんなじじゃないか。
    どうして民衆の意見は無視されてしまうんだろう。

  • またしても、ここでも今や猫も杓子も震災や原発に関して書いていますが、取捨選択しておられますか?

    川村湊の書くものは、たとえネットで拾ったデータでも熟考して意義あるものです。

  • 原発事故は「組織の欠陥である!」・・・ということが解った著書。一戸町立図書館の立ち読みにて

  • 企画コーナー「今、原発を考える時」(2Fカウンター前)にて展示中です。どうぞご覧下さい。
    貸出利用は本学在学生および教職員に限られます。【展示期間:2011/5/23-7/31】

    湘南OPAC : http://sopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1595420

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安斎 育郎
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

福島原発人災記――安全神話を騙った人々はこんな本です

ツイートする