東芝の祖 からくり儀右衛門―日本の発明王 田中久重伝

著者 : 林洋海
  • 現代書館 (2014年10月1日発売)
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768457481

作品紹介・あらすじ

からくりからテクノロジーへ、現代の技術者を驚愕させた、モノづくりの先駆者。江戸から現代へ時空を超え、世界に誇れる技術立国の基礎をつくった。新資料で描いた、田中久重伝の決定版!!

東芝の祖 からくり儀右衛門―日本の発明王 田中久重伝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よく調べてありますけど、かっこいい人なのに、ワクワク感が話にない…残念。
    それと、この著者久留米出身で、久留米藩の本も書いてあるが、話の大部分を久重本人ではなく、久留米藩の動乱について書いてある章もあり、久重と関係ない部分に重点を置きすぎている感が否めない。

    私も工学部出身。かっこいいと思うとともに、プライベートを犠牲にしてまで、研究をできるタイプではないと修士課程で修了した身なので、すごいと思いながら、羨ましくもある。

    いくつになっても衰えることのない探究心、そして結構な苦難に遭遇しているのだけれどそこで終わることなく立ち上がる気力は、尊敬に値する。

    後、もうひとつ思ったのが、「海賊とよばれた男」の出光さんと一緒で、偉大な人物には困難に陥ると助けてくれる人物がいるということ。それには、儀右衛門が縁を大事にし、人を大切にしたからこそもちろん返ってくることなのだけれど。志を同じくする門弟や仲間との交流に憧れる。

    プロジェクトXと同じで、奥さんが大変そう。

全1件中 1 - 1件を表示

林洋海の作品

東芝の祖 からくり儀右衛門―日本の発明王 田中久重伝はこんな本です

東芝の祖 からくり儀右衛門―日本の発明王 田中久重伝を本棚に登録しているひと

ツイートする