刑務官佐伯茂男の苦悩

著者 : 小笠原和彦
  • 現代書館 (2014年11月1日発売)
3.70
  • (0)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768457498

作品紹介

統括矯正処遇官(教育担当)佐伯茂男。教育担当は死刑囚の"お守役"といわれ、死刑囚からの信頼は圧倒的に厚い。その佐伯の勤務する拘置所に、幼稚園児十三人と教諭一人を惨殺し、罪を悔いることなく早期処刑を望む石堂俊也が移送されてきた。死の恐怖におびえる死刑囚と密着している精神的苦痛、死刑を執行する刑務官の心の傷…。圧倒的なリアリティーで死刑囚と刑務官の関係を描き出す衝撃のノンフィクション・ノベル!

刑務官佐伯茂男の苦悩の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死刑囚に接する刑務官の葛藤を題材にした物語。窺い知ることのない死刑囚の暮らしや刑務官の仕事の様子が、取材を下敷きに丁寧に描かれている。これまで受刑者の心境を想像したことはあっても、刑務官の心情を慮ることはなかったと気付かされた。

  • 何か良くないことを予感したのか、
    妊娠中、お母さんは「おろしたい」と言った。
    お腹の胎児は自分が望まれていない子だと
    知っちゃった。かわいそうに。
    そういう部分では同情する。
    だからかどうかは知らないけれど、
    人の嫌がることばかりする石堂。
    普通に考えれば嫌なヤツ。
    こんな人でも妻が4人もいたことが不思議
    (最終的にはもう一人増える)。

    そんな石堂の担当刑務官である佐伯も相当気難しくて、
    感情が表に出やすくて、充分嫌なヤツ。

    健全な精神と肉体で死刑囚を送り出すことが
    処刑の条件???正しいような矛盾しているような。
    死を望む石堂にとっては死刑は公的な自殺。
    死刑は彼には刑罰にならないかもしれない。
    でも生かしておいても改心の見込みがなく、
    遺族達に謝罪もしない。
    それに生きている間は衣食住あてがわれて、
    塀の中ではあるけれど多少の自由もある。
    国民の税金で生きているはず。
    死刑確定から死刑執行まで何年も時間をかけることは、
    刑務官だって死刑囚に情が移ってしまうではないか。
    そのうち受刑者であふれかえってしまうではないか。
    ちょっと納得できない。

全8件中 1 - 8件を表示

小笠原和彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
月村 了衛
長岡 弘樹
有効な右矢印 無効な右矢印

刑務官佐伯茂男の苦悩はこんな本です

刑務官佐伯茂男の苦悩を本棚に登録しているひと

ツイートする