池上彰・森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題

  • 現代書館
4.05
  • (12)
  • (18)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768457627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1946/7/16 ニューメキシコで核実験 7/17 近くでキャンプをしていた女子学生が14人死の灰を浴びる11人がガンで死に、2人がガンで苦しみ、がんにかかっていないのは一人のみ

    すべてわかりやすく解説してしまう人がひたら、疑ったほうがいい

    お前はただの現在にすぎない 今野勉

    アメリカで地方紙がつぶれて何が起こっているかというと、悪質な汚職事件や、お手盛りで市長や市議会議員の給料が大統領並みになっているみたいなことが起こっている

    ドイツ 憲法にあたる基本法を変える時に国民はそれに直接投票しないしくみになっている

    「なぜ直接投票しないのか?」「我々は自分たちに絶望したからだ」

    ドイツは歴史の教訓から、国民の判断を信用していない。ときに国民は熱狂してとんでもないことをやる

    キーワードは過剰な忖度

    日本でもテロはあった
     1974 三菱重工爆破事件 1971 新宿3丁目交番横クリスマスツリー爆弾  1971 土田邸爆弾事件 1969 日石ピース缶爆弾事件 1970 よど号ハイジャック

    限定され、閉ざされた中でなにか議論すると、強硬な意見をいった者がかならず勝つ

    リテラシーは、かならず違う視点を想像するということがまず大前提

    ISの人質の殺害 人間とは思えない 人間だからこそこんな酷いことをやってしまう

    セウォル号沈没事故 S30 宇高連絡船同士衝突事故

    キリング・フィールド

  • ジャーナリストやジャーナリストになりたい人、必読の本。

  • 真実はあるのかもしれないけど、それは神の視点。人間にたった1つの真実gあ、わかるわけがない。私たちができるのは、断片的な字汁を伝えること。
    メディアが視聴者や読者を増やすのは戦争報道。

  • 池上氏と森氏の対談。それに尽きる感じですが
    なかなか面白い内容です。
    ジャーナリズムやマスコミを職業とする、その覚悟
    矜持が語られていると思いますが、それは一般的に
    大事なことだと思います。
    また、物事の特異性と普遍性やその多面性について
    さらに、アーレントも取り上げられている凡庸な悪
    についてなども認識しておくことが大事なことがらだと
    思います。

  • 何新聞をとっているのかがそのまんま思想調査になるってのには笑いました。確かにww

    あと、いい番組には「良かった」と伝えてあげることの大切さも。録画予約派なので時差があるんだけど、それでも「良かった」と伝えなくては。
    心ある製作者がどんどん良い番組を作れなくなってしまう。

    自分がジャーナリストにはなれそうにもないけど、ジャーナリズムを少しでも理解して、自分がどう思うかどうしたいかを言語化して伝えていかなくてはと思いました。

    マスコミがゴミなら、政治もゴミで、国民もゴミ。
    ああああそうだよねその通りだよね。政治が一流で国民がゴミな国はないし、逆もしかり。と。

    字は読めるけど文章が読めない人になりそうになっているから、なんとかそれを回避したくて頑張るのです。

    明らかにおかしいのに、そのおかしさを説明して、おかしさを正し方を考えられるような人間でありたいから。

  • 070.4

  • メデイアリテラシーといえばこの二人、の対談本。森達也は「テロに屈するな」とかぶっている話が多かったが、池上彰もその意見を補完してお墨付きを与えるような内容で良い本だった。
    シャルリーエブドの襲撃事件後に各国首脳が列んで行進していた映像は、まるでデモの先頭を歩いているのと勘違いしてしまったが、一区画を立ち入り禁止にしてスタッフだけを並べたものだった。
    シャルリーエブドの襲撃事件では表現の自由が議論となった。森は「大原則として、表現の自由というテーゼは、それを抑圧する政治システムや国家権力に対して行使すべき概念で、それによって傷つく弱者がいるならば、行使すべきでない」といい、池上も同感する。
    シャルリーエブドはイスラム意外も同じように批判しているという人がいるけれど、ユダヤ批判はタブーである。ユダヤには配慮してイスラムにはしないというなら、ダブルスタンダードだ。アメリカはこの事件に関して、批判的であり冷淡だった。オバマも行進に参加していない。
    ISがムスリムや中東の一部から支持を受けているのは、サイクス=ピコ体制の打破をスローガンとしているから。第一次大戦後、解体されたオスマン帝国の領土を、英仏露が勝手に協議・分割したことへの反感がある。さらに言えば、イエス殺しまでさかのぼる。その帰結としてキリスト教社会におけるユダヤ差別が起き、エスカレートしてホロコーストまでになる。ドイツだけでなくヨーロッパ全土が差別していたので、その反動から強引なイスラエルの建国を受容してしまった。こうしてパレスチナ人が土地を追われ、中東戦争やアルカイダにまで繋がる。憎しみの連鎖ははるか昔から続いているのだ。
    マスゴミという言い方があるが、日本のメディアがマスゴミならば、国民もゴミだし、政治もゴミである。社会とメディアは等しい関係にある。
    現代の知性はヨーロッパ型合理主義に起源を持ち、個を基底にしている。文化大革命やクメール・ルージュ(ポル・ポト派の大虐殺)でも知識階級は激しく迫害された。集団化には個を基底とした知性は邪魔だからだ。反知性主義とはそういうことだ。
    池上彰と森達也が2人揃って同じことを言っていたが、番組スタッフは抗議の電話ばかり受けているので、褒めてくれる連絡があるとみんな大喜びで、スタッフ全員で回し読みして、部屋に貼っているそうだ。だからいい番組があったら、褒める電話をしてあげた方が、テレビは良くなるかもしれない。
    NHKはグループ企業をたくさん作ってそこに大勢天下りしているらしい。それに関しては池上彰は歯切れが悪かった。

  • くらーい気持ちになってしまった。
    森氏の「A」「A2」観ねば。

  • メディア、マスコミ界にいながら、その自浄に意識的な池上さんと森さんの対談、お互い、それぞれの書籍で語ってることを互いにぶつけ合ってる感じで、新鮮さはなかったけど、この2人が同じ方向を向いていることが興味深かった。池上さんの朝日問題で、謝罪を要求した池上さんに対して、森さんはメディアに責任を追及すべきではないという。そこが唯一、二人が違う意見を述べたところでそこが興味深かった。

  • ★2015年10月31日読了『池上彰と森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題』評価B+

    森達也氏は知らなかったが、池上彰氏は、高校と大学の大先輩。 最近はテレビを全く見ないので、お目にかかる機会は減っているのだが、それでも彼の事実を伝えようというジャーナリストとしての活動には、注目している。この本でも、かなり森達也氏の意見を引き出す形で、参考になる部分が多く、メディアの論調に引きづられない自分なりの判断が重要だと改めて教えられた。

    以下備忘メモ
    真実は百通り

    メディアが伝えられるには断片的な事実=主観的な真実

    映像が見る側の意識に与える強烈な影響を報道側も受ける側も認識するべき

    情報には加害性があるがゆえに情報の主体である自分の名前を出すべき

    何が起こっているかをきちんと正確にみんなに伝える
    戦前の日本社会もみんなが空気を読んでいるうちに社会が変な方に動いていった さいきんもまたそれがおきているのかなと思う。

    政治家は圧力をかけるのが当たり前。それをマスコミは受け止めておけば良い

    ジャーナリズムは組織の論理ではない。
    現場で感じた個人の怒りや悲しみを起点にしなければならない。

    メディアが視聴者や読者を増やすのは戦争報道。NHKの前身となる日本放送協会の日中事変時代しかり、CNNにとっての湾岸戦争しかり。

    事実を伝えるという事は、長い目で見れば、結果的に国益に資するという事を肝に銘じなければならない。

    嘘を言ったり、知り得た事を隠したりしてはならない。
    メディアの最大任務は権力監視

    日本で見られる他紙批判は、ジャーナリズムより企業論理が優先して出てきている証左。

    アメリカでは、インターネットの普及により、地方新聞が激減して、各地の選挙投票率が下がり、新聞が民主主義のインフラだったという事が明らかになってきた。

    特定秘密保護法以降、自主規制領域が広がる。メディアが政府の顔色を伺うようになってしまっては、お話にならない。

    ドイツは憲法に当たる基本法を変えるときに国民は直接的には投票をしない。何故なら自分たち国民の判断を信用できないと考えているから。(国民とは一時の熱狂で動かされるものなのだ。当時世界一民主的と言われたワイマール憲法から、ナチスが生まれてしまった。)
    ドイツに比べれば日本は絶望が足りない。一時は大騒ぎするけれども、すぐ忘れてしまう、目をそらしてしまう。もっと自分たちに絶望すべきだ

    ナチス、クメールルージュ、日本軍、サリンもみな同じ 集団化の圧力と同調圧力の社会

    宗教的な領域は、日本のアカデミズムではタブーとなりかけている。

    日本においては宗教がアンタッチャブル的な領域に置かれ無知はますます増大した。

    テレビ視聴者の特徴はモチベーションのない人が見るメディアである事 それは不意打ちという偶発性のあるメディアであるという事からそれが武器にもなり得る。

    オウム以降集団化から派生する形で、主語の肥大化が起こり、私は、僕は、ではなくて、我々は、我が国は、我が国民はなどと主語が大きくなったすると述語も勇ましくなって、ネットに拡散している。こういう匿名掲示板的なニュアンスは東アジアに多く見られその民族的メンタリティーに合致しているのではないか。

    政治、社会、メディアは常に同じ水準 社会とメディアは不可分

    メディアが進化する事によって、不可視な領域が逆に増えている森羅万象があたかもネット上にあって検索すれば必ずヒットするような気分になっているから、不可視への意識が薄れているのではないか?

    ニュースのバリューやプライオリティーを決めるのは直感、主観。そこには客観性や中立性はあり得ない。伝える側が判断する事。それを公正中立とか客観性とか建前を掲げているから、政権から客観的にやれと言われて反論できない。 何をニュースにするのかという判断でジャーナリズムは勝負をしないといけない。ただしそれは現場で感じた怒りとか悲しみなどの個の論理が貫徹している場合にいい切れる事
    日本のジャーナリズムは部数や視聴率を判断の要素としてしまう。

    ヘイトスピーチ、反知性主義 知性への憎悪 理性 論理は 集団化の阻害となるから。
    閉鎖的な組織の中では、議論をすると必ず強硬派が勝ってしまう。
    相互作用のポピュリズム

    大切なのは、社会組織を常にオープンにして、その大切さをきちっと伝えていく事 またはそれを伝えるメディアが絶対に必要 そして自分たち自身もメディアリテラシーを身につけ養うことが大切。 違う視点で想像することが大前提。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
宮下 奈都
トマ・ピケティ
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
村上 春樹
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする