幕末の女医 楠本イネ-シーボルトの娘と家族の肖像

著者 : 宇神幸男
  • 現代書館 (2018年2月20日発売)
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768458242

作品紹介・あらすじ

幕末から明治にかけて生きた一人の女性「楠本イネ」。父はシーボルト、母は長崎の「たき」。様々な苦難を超えて父と同じ医師になった。「オランダおいね」として巷間知れ渡っているが、これらの話は吉村昭『ふぉん・しいほるとの娘』からの引用・孫引きが多い。この書は優れた小説ではあるものの、実像とはあまりにもかけ離れている。筆者は、楠本イネ(と娘高子)の実像を再現すべく、最新のものも含めて既出の史・資料、文献・図書を検証し、新史料も発掘し本書は書かれた。「イネと高子のの生涯が劇的であることは、ある程度は想像していたが、その生涯の波瀾万丈、その生涯の悲痛なことは想像をはるかに超えていた」と著者も述べているが、宇和島在住だからこそ発見できた諸史料を駆使して、新しいイネ像が完成した。新発見写真・地図など多数。今後イネは本書を基にしてしか語れないであろう。

宇神幸男の作品

幕末の女医 楠本イネ-シーボルトの娘と家族の肖像はこんな本です

幕末の女医 楠本イネ-シーボルトの娘と家族の肖像を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする