フィールドワークの物語―エスノグラフィーの文章作法

制作 : John Van Maanen  森川 渉 
  • 現代書館 (1999年1月1日発売)
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 35人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768467473

作品紹介

フィールドワークってなに?エスノグラフィーってなに?今や猫も杓子もフィールドワーク。でも、ただ出かけりゃいいってもんじゃない。「リアル」をきちんと書き留めるための文章作法の数々。現場と記述の関係の背後にある隠された約束ごとが今、明るみに出される。

フィールドワークの物語―エスノグラフィーの文章作法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは私が勉強不足というかまだ早かった。エスノグラフィー1冊も読んだことないのに読んじゃいけません、本に失礼でした。そう気づいたのだが、がんばって読んでしまった。漠然と言ってたけど何だかわかってなかった「エスノグラフィー」とは「民俗誌」つまり記録した文書であること、映像でもいいのかなと思ったら作者のヴァン=マーネンさんはテキストであることを強く主張していたのが印象に残った。

  • これは素晴らしい。フィールドワークをする人なら一度は目を通しておくべき本。「方法はいくつも持つべきだ――それぞれの特徴を把握する必要はあるにせよ」という本書のメッセージには大いに同意する。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ケネス・J. ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フィールドワークの物語―エスノグラフィーの文章作法はこんな本です

ツイートする