性同一性障害はオモシロイ―性別って変えられるんだョ

著者 :
  • 現代書館
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768467572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 佐倉さんの一連の作品を読んで、ここに来て第1作目を読んだわけだが、この本、「女が少年だったころ」とか「女子高生になれなかった少年」と言った「自伝」とは違い、どちらかというとエッセイに近いものだったので、ちょっと期待はずれだったかな、という感じ。

    下世話な話だが、今の奥さんとどういう風に出会ったのかとか、どうして結婚することになったのかとか、そういうことが知りたかったんだよねー。だけどこの本は自伝じゃないからいつの間にか知り合って結婚してたし、カミングアウトのことは書いてあったけど、それはなんか別の本にも書いてあったような気もするし。。

    性別の捉え方というのも人によって違うのだろうか。まぁ確かにトランスジェンダー(特にGID)の人は男女について、すごいこだわりがあると思う。Xの人でも「男女どちらでもない」「男女どちらとも」「男女の中間」と結局「男女」に拘っていることには違いないと思うから。

    この本の最後の最後に佐倉さんは「女性として扱われて欲しい」人なのと「女らしく扱われるために女らしくしなければならない(けれど行き過ぎた女らしさはおかしい)」と書いている。これって性自認とジェンダーのことだと思うのだが、なんか違うんだよね。前にも書いたけど、わたしが自分が女なのは生物学的に女だからに過ぎないし、それって「記号」みたいなものだと思っている。別に女らしく扱われなくても構わない。こう書くと「身体の性別二元論に囚われてる」と思われるかも知れないけど、なんと言うんだろう、わたし自身自分が女と思えるのは、そこしか根拠がないので、そう思うだけなんだけどね。他のシスジェンダーの人は自分の性別についてはどう考えてるんだろうかとふと思う。けど、シスジェンダーの人が「自分の性別はこう考えてて、自分のジェンダーはこう考えてる」という本は未だに見たことがないので、自分についてしか分かんないんだよねー。これって「多数派」だから、そういう視点では取りあげられないんだろうけど、わたしからすると「多数派」の人はどう考えてるんだろうって思うよ。「多数」なのは当たり前ゆえに聞かれないんだと思うが、実はその「多数」でも様々な意見があると思うのだけれど。

  • いつのまにか、がっつり読んでた気がする。

    GIDだからとかそういうのじゃなくて。
    どんなことにおいてもマイノリティーって生きにくくて苦しい。
    それを改めて実感しました。
    そして、こんなことを言うのはどうなんだろうと思いつつも思うの。
    わたしこういうのだいすき。
    やっぱり調べたいし知識得たいと思うしもっと考えていたいんだ。

  • 性同一性障害に関する書籍です。
    ライトタッチで書かれているので、とても読みやすいと思いました。
    男性として女性を恋し、男性として教師をしていた著者が自身が性同一性障害だと知り、女性としての新たな人生を歩み出すという自伝です。

  • 2005/07/23

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1964年、関西に生まれる。幼いころより自分の「男」という性別に違和感を覚える。大阪府立の高校をへて、1988年、関西の私立大学・文学部社会学科を卒業。その後、高校の社会科講師、塾講師などを務めつつ、社会における性別役割分業・性差別、そして性別そのものへの疑問をつのらせる。1997年、自らの性同一性障害"を確信。自分らしく生きることを求め、社会的・文化的性別を「女」へと転換。インターネット上にホームページを開設し、また執筆・講演活動なども通じて、積極的に情報発信中。
著書に『性同一性障害はオモシロイ』(現代書館1999)、『女が少年だったころ』(作品社 2002)、『女子高生になれなかった少年』(青弓社 2003)。共著では『性を再考する』(青弓社 2003)など。
講演・講義は、三重大学「性の多様性概論」(平成14年度)、日本女性会議2003大津をはじめ、各種市民セミナーなどや、学校教職員・自治体職員の研修など多数。2003年4月より、大阪大学大学院人間科学研究科生。
2004年6月より(ジェンダーバイアスフリーな社会をめざした各種活動)NPO法人「SEAN」理事。

佐倉智美の作品

ツイートする