CIAスパイ研修―ある公安調査官の体験記

  • 13人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野田敬生
  • 現代書館 (2000年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768467749

CIAスパイ研修―ある公安調査官の体験記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公安調査庁がCIAに委託している情報分析研修の記録と公安調査庁とCIAを中核とする外国情報機関の関係について解説したもの。元来は破防法適用対象を調査することを目的としていた公安調査庁が、左翼の退潮に伴い、情報機関としての役割を強めようとするプロセスが理解できる。ただし、本書は、公安調査庁の情報機関としての問題性も、同庁の内部者の視点から詳しく説明されている。とりわけ、世界のそれと肩を並べる情報機関を目指すのであれば、「守秘」(本書に言う「保秘」)の重要性をより一層噛みしめてほしいところだ。

  • 読了いつだったけっか? 
    著者の研修自体の記述はあまり目新しくはない、かな。
    ただカリキュラムとかそういうのが非常にアメリカ的で資料として参考になった。

全2件中 1 - 2件を表示

野田敬生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

CIAスパイ研修―ある公安調査官の体験記はこんな本です

ツイートする