雨がホワホワ―中国語のある風景

著者 :
  • 現代書館
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768468128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 300ページ弱で長けど、エッセイがあまり面白くない。けど、最後の最後に数ページ、なぞなぞの話(灯謎・文義謎)があって今まで5年ぐらい中国語やってきて(中検2級、旧HSK8級)あまり中国の文化はいけてる感じがしなかったけど、これはダントツにクールだなと思った。そういう文化があることが知れただけで読んでよかった。ありがとう。

  • 難しい部分もありましたが、面白かったです。

  • 本書は、「<a href="http://zhuze.blog87.fc2.com/blog-entry-122.html" title="【書評】 午後の中国語―ことばのエッセイ">午後の中国語―ことばのエッセイ</a>」の続編になります。
    本書は、出版社が異なりますが、編集者が「<a href="http://zhuze.blog87.fc2.com/blog-entry-122.html" title="【書評】 午後の中国語―ことばのエッセイ">午後の中国語―ことばのエッセイ</a>」を読んで、こういう本が出したいとお願いされて出版とあいなったものだからです。

    やっぱり相原氏の本はおもしろいです。
    教授なのに、こんなこと考えてるのかと、面白エピソードいっぱいです。

    目次は以下の通りです。

    <hr size="1" />
    第1章 雨がホワホワ―中国語ウオッチング
    第2章 氷砂糖の怪―日本語と中国語
    第3章 虹をつくる話―中国新歳時記
    第4章 中国語は面白い―中国語のすすめ

    <hr size="1" />
    本書のエピソードを幾つかご紹介。

    まずタイトルの「雨が<strong>ホワホワ</strong>」のホワホワは、日本語でいう「<strong>ザーザー</strong>」のことだそうです。
    そうです<strong>擬音語</strong>ですね。
    このホワホワ、川が流れるのもホワホワだそうです。
    戸を開けるのは「<strong>ホワラホワラ</strong>」、いびきは「<strong>フルフル</strong>」。
    あーなんか、中国がなんか可愛い感じがしてきました。
    著者も書かれていますが、この「雨がホワホワ」、私も好きですね。

    みなさんは、「<strong>マッチの頭はどっち?</strong>」って言われたら、どう答えます?
    私だったら、迷わず<strong>赤い燐の付いている丸い方!</strong>と答えます。
    たぶん、みなさんも同じだと思います。
    それが、中国では、どうも<strong>棒の方</strong>が頭らしい。
    これと似たもので、「<strong>裁縫の針の頭はどっち?</strong>」という話でも、たぶん日本では糸を通す<strong>穴が空いている方</strong>が頭だと思うのだが、中国では、<strong>尖った方</strong>が頭らしい。
    不思議ですねぇ。

    中国人の合理主義の逸話で、
    友人の中国人が飛行機で中国に帰ることになったそうです。
    それで飛行機に乗る際に<strong>荷物が多すぎて、制限を超えてしまって超過料金が発生</strong>してしまった。
    そこで、普通日本人は素直に超過料金払いますよねぇ。
    それが中国人は違っていた。
    「分かりました。友達がしばらくしたら来ますから、それを待って一緒に手続きします。」
    と、言ったそうです。
    何のことはない、そこらあたりで立って、誰か荷物の少なさそうな人が来るのを掴まえて友達になろうと交渉するのだそうです。
    たくましいですねぇ。確かに合理的ですが、私には出来そうにありません。

    以上のように今回も楽しいエピソードがいっぱいです。

  • 2006/11

  • これを読んで以来、擬音語、擬態語に興味がわいて、ちょっと回りでリサーチしてみた。フィンランド語で牛の「モ〜」は「アンムゥ〜」らしい

  • NHK で中国語講座の講師もやっている、相原先生の中国語エッセイ集。中国語も覚えたいと思っていて、その動機付けに買った一冊。軽く読めて楽しめる。

全6件中 1 - 6件を表示

相原茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤雅彦
梨木 香歩
梨木 香歩
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
サン=テグジュペ...
三浦 しをん
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

雨がホワホワ―中国語のある風景はこんな本です

ツイートする