福井藩 (シリーズ藩物語)

著者 :
  • 現代書館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768471234

作品紹介・あらすじ

藩祖は家康の二男、結城秀康。幕末の名君春嶽は、名門ゆえの苦悩を内包しつつ、動乱時には良く国政を支えた。藩校・明道館では俊才が輩出、いま、多くの災害を切り抜けた福井人は、未来に飛翔する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は家康の二男、結城秀康を藩祖に持つ、御家門筆頭の越前福井藩の物語である。

    二代目、松平忠直が配流され藩は、減石を余儀なくされる。歴代藩主の夭折に伴い藩政は混乱。大幅な財政赤字に苦しめられる。

    越前松平家の藩物語はなかなか面白かった。

全1件中 1 - 1件を表示

福井藩 (シリーズ藩物語)を本棚に登録しているひと

ツイートする