森達也の夜の映画学校

  • 現代書館
3.56
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768476772

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 08014

  • 是枝裕和と森達也の対談が読みたくて図書館で手に取った。

    被写体と撮影する側、また環境により撮っていく中で変化するもの。
    是枝監督はドキュメンタリー作品をそう定義していた。印象に残った。
    作り手に伝えたい結論があり、それを前提に撮影をすすめるのではない。
    伝えたい事や作品の内容は、制作の中から生まれるということだと思う。

    また監督はテレビの可能性についても言及した。
    映画は視聴者が見たいものを選び、映画館に足を運ぶ。
    テレビは、作品を見たくない人も偶然に見る可能性がある。
    その偶然性がテレビドキュメンタリーの持つ可能性だと言う。
    私は目に入ってしまうということは、恐ろしいものだと思う。

    良くも悪くもテレビは作品そのものが垂れ流しだ。少し恐い。
    テレビが社会を作っているのは紛れも無い事実なのだと思った。
    私は是枝監督の様にテレビの可能性を信じる事はできない。
    必要以上の購買意欲を駆り立てる番組・CMが多い気がする。

    私はテレビが好きだが、無ければ無いで問題ないと思う。
    将来はこの機械を持たない様にしようかとも思う。

    エヴァの庵野秀明とアーレフの荒木浩と森達也の対談も面白い。
    『気持ち悪い』という台詞はアニメファンに向けたものだと思っていたが、
    やはりそうだった。それがわかっただけでも嬉しい。庵野監督は変な人だ。

  • ホネのある映画作家たちの対談集。みんなアツいよっっ!

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1974年、愛知県に生まれる。
1997年、南山大学法学部卒業。1999年、南山大学大学院法学研究科修士課程修了。2003年、早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。2015年、博士(政治学)早稲田大学。
現在、早稲田大学政治経済学術院講師(任期付)。
著書:『多元主義と多文化主義の間』(共著、早稲田大学出版部、2013年)、『公共性の政治理論』(共著、ナカニシヤ出版、2010年)など。
翻訳書:A・マルガリート『品位ある社会』(共訳、風行社、2017年)、D・ミラー『政治哲学』(共訳、岩波書店、2005年)など。

森達也の作品

ツイートする