いのちの女たちへ―とり乱しウーマン・リブ論

著者 :
  • パンドラ
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768478271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フェミニズムを理解するための読書リスト(入門編) | The HEADLINE
    https://www.theheadline.jp/articles/440

    [新版]いのちの女たちへ 現代書館
    http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-7827-1.htm

    いのちの女たちへ とり乱しウーマン・リブ論 パンドラ
    http://www.pan-dora.co.jp/?page_id=1661

  • 1972年、連合赤軍事件の頃、できたばかりのウーマンリブ運動、行間から立ち上がってくるむんむんとしたエネルギー。日本のフェミニズムを代表する一冊。

    あとがきが7点。新版、新装改訂版、文庫版などなど、長く皆に愛されてきた本なのだなあと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1943年生まれ。原因不明の仮死状態で生まれ、いわば生来虚弱。それでもなんとか鍼灸師になる。以来34年間、治療院「れらはるせ」にて一心に治療に励む。「冷え」と「自分を大事に思えない気持ち」こそ、人が病に陥る2大原因と知ってからは治療の傍ら、新宿・朝日カルチャー等でイメージトレーニングを教える。弱いからだを抱え、でも自分の可能性を信じて生きようとしている人たちを、少しでも支えられたら……という思いで、この本を書いた。主な著書 「ぼーっとしようよ養生法」「いのちのイメージトレーニング」「かけがえのない、大したことのない私」「いのちの女たちへ一一とり乱しウーマンリブ論」など。

「2017年 『自分で治す冷え症』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中美津の作品

ツイートする
×