憲法のポリティカ―哲学者と政治学者の対話

  • 白澤社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768479582

作品紹介・あらすじ

戦後70年の節目の年に、日本社会に民主主義と平和主義の種を植えてきた平和憲法を廃棄しようとする企てが現実化しつつある。現行憲法を軽んじる政権が進めようとする改憲とは何か。憲法をめぐるポリティクスの背景には、いったい何があるのか。そして、この流れの先には何が待ちうけているのか。哲学者と政治学者が、改憲問題を通して見えてくる日本社会の危機を、法律論とは異なるアプローチで語りあったロング対談。自民党改憲案をはじめ、死刑、天皇制、マイノリティの権利、人道的介入の是非など憲法をめぐるさまざまな問題の核心に、護憲か改憲かの枠組みを越えて斬り込む。

著者プロフィール

東京大学大学院教授

「2019年 『増補改訂版 無意識の植民地主義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋哲哉の作品

憲法のポリティカ―哲学者と政治学者の対話を本棚に登録しているひと

ツイートする