よい教育とはなにか: 倫理・政治・民主主義

制作 : Gert J.J. Biesta  藤井 啓之  玉木 博章 
  • 白澤社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768479605

作品紹介・あらすじ

18歳選挙権の時代に、民主主義と教育を結びつける新しい学びに重要な示唆を与える、教育関係者必読の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  まだ,読んでいる途中だが,どうも読みにくい本だ。
     おそらく,訳がよくない。なんか,一文が長すぎて,言いたいことが伝わってこない。
     後半で挫折中。良いこと書いてあるような気がするのだが…。残念。

  • 前書きは、いいが、中身が前書きとがっちしていないような気がする。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1957年、オランダ生まれ。ライデン大学で学位取得後、イギリス・スターリング大学ほか、オランダ、ルクセンブルク、ノルウェー等多くの国で教授、客員教授を歴任し、現在、ロンドン・ブルネル大学教育学部教授。主著にBeyond Learning(Paradigm Publishers)、共編著にThe Philosophy of Educationなどがある。邦訳された著書に『民主主義を学習する──教育・生涯学習・シティズンシップ』(上野正道、藤井佳世、中村(新井)清二訳、勁草書房)がある。

「2016年 『よい教育とはなにか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ガート・ビースタの作品

ツイートする