コーネリアス―たってあるいた わにの はなし

著者 :
制作 : 谷川 俊太郎 
  • 好学社
3.65
  • (18)
  • (31)
  • (46)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 306
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (29ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769020158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後がすっごくかわいくていいです。

  • これは、おもしろい。
    ユーモアに あふれている。

    ワニである コーネリアスは、
    タマゴからでてきたときから 立って歩いていた。

    コーネリアスは 自慢だった。
    遠くが視ることができると。
    水の上から さかなが見れると。
    みんなは 『ヘェー。それで』というだけだった。

    コーネリアスは 怒って でかけた。
    するとサルにであった。
    コーネリアスは たってあるけることを 自慢した。
    サルは 逆立ちや 木に尾でぶら下がることを言った。

    コーネリアスは サルから 
    逆立ちや木に尾でぶら下がることを教えてもらった。
    それで、みんなに そのことを自慢した。

    『ヘェー。それで』というだけだった。
    コーネリアスは あいかわらず無反応な仲間に飽きて
    またでようとした。
    そして、後ろを見たら
    みんなが 逆立ちや木に尾でぶら下がる練習をしているのを見た。

    ハハ。

    科学や流行って そうやって起こるんだよ。
    コーネリアスは センスオブワンダー をもっている。
    いつも 違うことを求める好奇心。
    そして、みんなは それを真似することで満足している。

    コーネリアスと一緒に行きたいと思わないのがいい。

  • 他人のできることは、大したことではないといっておきながら、自分もできるようになりたいんだわー

  • 立って歩くワニ、コーネリアスのお話。

    他のワニ達の本当の気持ちに気づけてよかったね。

  • 仲間との繋がりを考えさせるのによさそう。全学年いける

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • ラストの光景が至極、人間たちのようだ。
    だからクスリと笑える。
    ユーモアたっぷりで大人も楽しめる1冊。
    原作のレオレオニの力も大きいが、
    谷川俊太郎の訳の効果も大きいと思う。

  • 人と違うことをしたがるコーネリアスと、それを冷ややかな目で見る周りのわにたち。最後には、みんながコーネリアスの真似をし始める。
    いつもながら、レオ・レオニらしい示唆にとんだお話。

  • 2013 9/8

全29件中 1 - 10件を表示

レオ=レオニの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
マージェリィ・W...
湯本 香樹実
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

コーネリアス―たってあるいた わにの はなしを本棚に登録しているひと

ツイートする