びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし

著者 :
制作 : 谷川 俊太郎 
  • 好学社
3.61
  • (10)
  • (23)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :170
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769020189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レオレオニの世界って、ほんといいですね。
    なんかほんわかのんびりしてて。
    イソップのような教訓めいたモノもなく、グリムのような毒もなく。
    谷川俊太郎さんの日本語も大好きです。

  • [墨田区図書館]

  • 2015/6/23 1-2

  • ワニをニワトリと勘違い。このオトボケ感が良い。

  • 好奇心と思い込み。最後は「ああ、わにだったんだ!」となると思いきや、
    「わにですって!なんてばかなことを!」
    と笑い転げるというオチをどう解釈したらいいんだろう?

  • 最後が可笑しかったです。

  • 2013 9/8

  • 石が好きなのかな、レオ・レオニ。「はまべにはいしがいっぱい」のデッサンも素敵だった。この絵本の見返しも砂利道のようなデザインだ。
    石ころ島のかえるジェシカが拾った卵は物知りのマリリンいわく「にわとり」の卵。うまれたコは最後まで「にわとり」と呼ばれるけど、その風貌はずばり…。
    そこでとって食われてしまう展開になるかとドキドキしたけど、ほのぼの勘違いのまま、特に教訓のようなものがないのが珍しい。

  • 最初から最後まで勘違い。笑
    そのおおらかさがいい。

  • いしころじまに 3匹のかえるがすんでいた。
    マリリン、オーガスト そして 好奇心の強い ジェシカ。
    ジェシカは めずらしモノ好き である。

    ジェシカは マリリンとオーガストに 
    『私のみつけたもの みて! すごいでしょう?』
    と びっくりさせたがった 二人は ちっとも びっくりしない。

    ジェシカは きれいな石ころを見つけて 
    みんなのところに持っていった。みんなはびっくりした。
    物知り屋の マリリンは 『それはニワトリのタマゴよ』といった。
    ジェシカは ニワトリを 見たことがなかったので
    マリリンに なぜニワトリのタマゴなの?
    と聞く。マリリンはいう わかるのよ・・・

    タマゴから ニワトリが生まれた。
    ジェシカが 水 でおぼれそうなっているときに
    タマゴから生まれたニワトリに助けられて、
    それから ニワトリと 仲良しになって遊んだ。

    あるとき ニワトリのお母さんが呼んでいるというので
    ジェシカと ニワトリは 一緒に行って お母さんにあった。
    ニワトリは お母さんと仲良く暮らし、
    ジェシカは マリリンとオーガストのもとに帰った。
    それで よしよし なのであるが・・・。

    言葉で おうと ・・・何の不思議ではない 物語。
    しかし、絵本では ネタばれなのである・・・。

    マリリンが 言ったニワトリは 違うのである。
    タマゴから生まれ 水でも泳げるもの・・・ワニ なんですね。

    そのことを知らないがゆえに 
    ずっと ニワトリ だと想っているジェシカ。

    カモ が タマゴから孵ったときに
    最初に動いたものが 母親だと思ってついていく・・・
    という ことがあるが・・・
    思い違いを 楽しく描く・・・
    絵本だから ネタばれでも 子供にとっては 
    これはねぇ・・・と 言いたくなるんだろうね。

全24件中 1 - 10件を表示

レオ=レオニの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
にしまき かやこ
酒井 駒子
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなしはこんな本です

ツイートする