ジャムつきパンとフランシス

制作 : リリアン・ホーバン  松岡 享子 
  • 好学社
3.98
  • (20)
  • (9)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784769021018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アマグマの女の子フランシスはジャムつきパンが大好き。
    お父さん、お母さん、妹の赤ちゃんグローリアが他のものを食べているときもジャムつきパンばかり食べていた。
    学校に持って行ったお弁当がジャムつきパンじゃないときは友達のアルバートとお弁当を交換してジャムつきパンを食べていた。
    ジャムつきパンがあればそれでいいと思っているフランシス。
    あるときからフランシスに出されるご飯は全部ジャムつきパンになった。
    朝ごはん、お弁当、おやつ、夕ご飯。
    最初は幸せいっぱいに食べているけれど、だんだんと飽きて来てしまい、とうとう最後には泣き出してしまう。
    他のものも食べたくなったフランシスは泣き出してしまう。
    そうして、やっとジャムつきパン以外もまんべんなく食べるようになったのだった。

    お母さんがわざと出さないようにしているけれど、それがいじわるそうじゃなく、ジャムつきパンしか好きじゃないから出していないという風を装っているのがちょっと怖いというか。

  • 沢山の選択肢の中からいつも同じものを選ぶのと、選択肢がないからいつも同じものしかないのでは全然違うのね。
    なかなか賢い対処法かもしれないけど、実際やったらどうなるかな…。

    結構文章量が多い絵本なので、読み聞かせするにはちょっと長いかもしれないですね。

    フランシスの心の移り変わりの様子がとても楽しい絵本。

  • 小さいころ読んだ記憶があって再読。
    出てくるごはんがみんなおいしそう。

    そして、いま思うとおかあさんの対応がすごいwww

  • フランシスがかわいらしい。シリーズで読みたい

  • 今から40年以上も前に出版された絵本の古典。しかし、年代を経て、国を超えても、その内容は子どもたちを魅了してやまない。何度も読み聞かせてきた本だが、一昨日も娘たちに読んだところ、食べ物をめぐる部分、フランシスがうたう部分に「そうなんだよ」オーラを二人とも醸し出していました。

  • フランシスは朝食のタマゴが嫌い。お母さんが腕によりを掛けて作ったお弁当のチキンサンドも、こうしのカツレツも食べないで、朝も昼も晩ご飯もジャムつきパンばかり食べてる。ウチの娘もフランシスと同じ「ばっかり食べ」で、毎日私に叱られているのだが、この本は大層お気に召したらしい。もっとも、フランシスを見習って日ごろの態度を反省するわけではない。身につまされるから読みたくない、ということはないのだろうか…不思議である。
    ただ、自分の感情を絵本で追体験することは、子どもにとって大事なことなのかもしれない。自身を振り返っても。

  • おいしそう!特にスパゲッティミートボールがおいしそう!(真似して作りました)。
    フランシスはジャムつきパンばかり食べているけれど、他の食べ物の
    方がよっぽどおいしそうなのにって思います。食育といった意味では
    娘には意味ないのですが(甘いものばかり食べるような子どもではないので)、「おいしそう」を感じ取ってもらいたいなあ。
    お弁当の時にナプキンをひいたりお花を飾ったり。デザートがきちんとついていたり。そういうのも真似したいな。

  • お話がちょっと長めなので、大きい子向けです。
    フランシスの気持ちがよく分かる!
    そしてそれに応じるお母さんとお父さんのおおらかさ。
    見習いたいです。

  • <a href="http://pictbook.seesaa.net/article/5663344.html">サンドイッチに愛を込めて(続きを読む)</a>

  • ジャムつきパンが食べたくなります。

全13件中 1 - 10件を表示

ジャムつきパンとフランシスのその他の作品

ジャムつきパンとフランシス 大型本 ジャムつきパンとフランシス ラッセル・ホーバン

ラッセル・ホーバンの作品

ツイートする