ザガズー―じんせいってびっくりつづき

  • 好学社
3.50
  • (6)
  • (7)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769022114

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな人生めざして子育て頑張っています。
    今は怪獣かなぁ?

  • 夫婦のもとに届いた小包の中身は、ザガズーという名前のあかちゃん。かわいい贈り物に大喜びするふたりでしたが、ある日、ザガズーはおおきなはげたかのあかんぼうに変身していて・・・・・・。男の子の成長をユーモアたっぷりに描いた作品。(約6分)

  • そう、人生ってきっとこんな感じ。
    子育て中の私にはわかるけど娘には難しい。

  • ジョージとベラのもとに届けられた包みから現れたのはかわいいザガズー。一緒に暮らしていくうちにザガズーはさまざまなものに変化してきます。時にはゾウだったり、イボイノシシだったり、火を吐くドラゴンだったり…。
    子供はかわいいだけじゃない、大人がお手上げになるような怪獣になることも…ということを楽しい絵で表現した絵本。

  • こどもってこうだよね。戯画。

  • 見えるものだけじゃないもん。

  • 若い二人のあいだに運ばれて来たのは
    可愛い可愛い赤ちゃんのザガズー。
    二人はザガズーをとっても可愛がりますが、
    ある日赤ちゃんはみっともないはげたかの赤ん坊に変わってしまいます。
    そして、しばらくすると今度は小さな象に、
    またしばらくすると、こんどは竜に、と
    どんどんザガズーは変身してしまいます。

    最後にはどんでん返しもあって、大層面白いのですが、
    もしこの本をプレゼントするとすると、
    いったい誰にあげればいいんでしょう?

    赤ちゃん生まれたばかりのご夫婦にさし上げるのは
    今ひとつ適切でないかもしれないな(苦笑)

  • なかなか面白かった。
    ザガズーが次々にいろんな動物に変わっていく、そうそうって思う。

  • ザガズーをモモカーに置き換えて読んでみたら、気に入ったようで何度も読んで読んでと持ってきてくれた

  • ブクログその他のレビューを見て、すんごく読んでみたかった本。
    読んでいたら、何故だか涙が出てきた。
    愛のある良い絵本だと思う。

    けど、これを小学生に読んで、ザガズーが赤ちゃん(→成長していく息子)だと分かってもらえるかどうか。
    読み聞かせるなら中学生か?

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1932年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学、チェルシー美術学校で学ぶ。ケイト・グリーナウェイ賞、ボローニャ・ラガッツィ賞のほか、1999年にはイギリス王室から初代名誉児童文学作家の称号を授かり、2002年には国際アンデルセン賞も受賞、イギリスを代表する児童文学作家のひとりに数えられている。挿絵では、ロアルド・ダールの作品など多数ある。

ザガズー―じんせいってびっくりつづきのその他の作品

Zagazoo ペーパーバック Zagazoo クェンティン・ブレイク
Zagazoo (World Book Day 2001)の詳細を見る ペーパーバック Zagazoo (World Book Day 2001) クェンティン・ブレイク
Zagazoo ペーパーバック Zagazoo クェンティン・ブレイク

クェンティン・ブレイクの作品

ツイートする