銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治)

著者 :
制作 : 小林 敏也 
  • 好学社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (100ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769023241

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとう入手!
    小林敏也さんの画本シリーズ。
    復刻後、ずっと探していたけどいつも在庫がなくて。
    いままで持っていた本に人物があまり描かれていなかったもので、少年たちに違和感があるものの、じっとりとした物語の空気がそのまま。
    陰影、光にどきりとする。

    S12の音読に。
    やまなしの時も感じたけれど、音読で聞くと宮沢賢治って一文が長くて、句読点がなくて、とても読みにくい。
    訛りの会話、時代やら専門的で身近にない品達。
    独特の世界だなあ、と活字拾いやらを説明しつつ実感する。
    1日2頁がようやくな音読。途中で「これって星座じゃね?」とS12が気づいた。
    さそり座のあかい星ってなんだっけ!気になってしかたがない。

  • 「宇宙」でおなじみのBTで使おうかと考えたけど、昭和の日本っぽすぎてやめた。これはこれで味があるけど。

  • 9.78E+12

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

詩人・童話作家。岩手県花巻出身。作品に詩「春と修羅」「雨ニモマケズ」、童話「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」など。

宮澤賢治の作品

ツイートする