レオロジーの世界―基本概念から特性・構造・観測法まで

著者 : 尾崎邦宏
  • 工業調査会 (2004年5月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769341819

作品紹介

本書は衣食住や工場での生産活動などの日常的経験や、ボイルの法則・液体の蒸気圧程度の初等物理化学の知識と、レオロジーの実用的な専門分野をつなぐ参考書・教科書を目指している。物質のレオロジー特性の観測法、特性と物質のミクロな構造の関係を中心としているのが特徴である。第1章から第4章までは、レオロジーの基礎として、歴史、弾性、粘性、粘弾性が概説される。第5章から第8章までは、高分子、コロイド溶液、凝集性粒子分散系、エマルション、液晶、ゲルなどの代表的な物質について、特性と観測法を述べた各論である。第9章には日常的に体験しやすいレオロジーの話題や、やさしい実験などがまとめられている。巻末に理論に関する付録とレオロジーの短い用語解説を載せた。

レオロジーの世界―基本概念から特性・構造・観測法までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年11月30日購入
    ¥3360

全1件中 1 - 1件を表示

レオロジーの世界―基本概念から特性・構造・観測法までのその他の作品

尾崎邦宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レオロジーの世界―基本概念から特性・構造・観測法までを本棚に登録しているひと

ツイートする