MES入門―ERP、SCMの世界と生産現場を結ぶ情報システム

  • 29人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
  • 工業調査会 (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769361329

作品紹介

本書では欧米を中心に急成長し続けているMESの概念と役割について、多くの図表と具体的な実例を用いて解説。また、MESが製造業における永遠の経営課題である品質・量・納期・コストの改善にいかに貢献できるか述べる。

MES入門―ERP、SCMの世界と生産現場を結ぶ情報システムの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  かつて製造管理システムの仕事をしました。今で言えばMESなんでしょうね。これは人生最高の難物であったように記憶します。
     MESといわれる領域こそが生産に関わる情報技術の最前線だと思います。
     本書も意気軒昂です。
     「MESの機能なくして、本当に地に足のついた企業情報システムになるのだろうか」(p.131)

     「ステータス情報の更新を他システムにどのように伝えるべきか」(p.161)
     そうそう。そうなんですよね。差分を作るのかどうか。
     そんなことばかり考えていました。今だに解けていない。

  • MESとはManufacturing Execution System略で日本語で製造実行システムと翻訳されます。
    まだ、日本ではなじみの無かった2000年前半に出版された本。専門家の間では「赤本」と呼びます。
    「ザ・ゴール」風にドラマ仕立てに書いて、分かりやすくしようとしてますが、略語も多く超難解。

  • 日本語で読める唯一のMES解説書

  • 最近この手の製造業システムを調べてます。 僕自身も用語がわからず苦労してますが、基本的な用語が説明してあって、かなり参考になります。 僕のようなソフト出身者が思うに、「これって、とあるソフト=用語」って関係なのかな? ってくらいにこの業界は専門用語がありますね。(ん〜 いわゆるソフト業界も、新語が増え続けているから、同じようなものなのかな…)

全5件中 1 - 5件を表示

中村実の作品

MES入門―ERP、SCMの世界と生産現場を結ぶ情報システムはこんな本です

ツイートする