ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣

著者 : 石坂秀己
  • こう書房 (2010年6月2日発売)
3.18
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769610298

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「なんだ、当たり前のことばっかりいって」
    そうそれが理想なんです。
    当たり前のこととして取り組んでいくことが大切。
    まず行動。
    小さな行動の積み重ねが、廻りをも、変えていく。

  • チェック項目22箇所。
    感情と表情は連動している。笑顔の職場=みんなで楽しく仕事をする。行動を変える勇気を持つ。誰かが変えてくれるでは何も変わらない。できそうなことから始めてみる。人の成長はできることの積み重ね。前にできていたことを継続しながら次の行動にチャレンジする。自分以外を悪者にしない。自責の癖をつける。仕事を楽しくするには楽しいと思い込むこと。 一所懸命が笑顔につながる。この程度でいいと思った瞬間から成長は止まる。そのとき自分にできることを精一杯やったかどうかを振り返ることが大切。自分ではない他人という存在が、いま面と向かっている相手なんだと受け入れること・・・尊重。相手は相手、その前提でどう接するとうまくいくかを考える方が建設的。お客様との出会いは一期一会。自分が人に対してやらなければならないこと・・・責任。相手優先で考え行動すること。本当に大切なのはその品物やサービスを受け取って、お客様が何をかんじるのか?コミュニケーションの障害・・・話をさえぎる、言う事を批判する、考えを見下す、感情的になりすぎる、話を聴く前から心を決めていて、相手の言うことに耳を貸さない、自分が聞きたい話題にしか耳を傾けない、話を重要でないと思い込む、否定的な表情を見せる。相談者のほとんどは答えを持っている。自分の伝えたいことが相手にきちんと伝わったかどうか、確認する。受け入れる・・・無理なら受け流す。見返りを求めない。信頼してから信頼される。人を外側から動かそうとすると苦痛が伴う。致命的な7つの習慣・・・批判する、責める、文句を言う、ガミガミいう、脅す、罰する、褒美で釣る。身につけたい7つの習慣・・・傾聴する、思いやる、励ます、支援する、信頼する、貢献する、友好的に関わる。

  • なんかいまブクログ登録しようとして、評価の高さに驚いたんですが……

    すみません、自己啓発…系の本だったんですね
    なんか表紙可愛いし、こないだよんだディズニー系の本が面白かったのでそののりで読んでしまいました。

    内容としては、ディズニーランドで働いていた経験から、もっとこういう心持ちで、スタンスでやっていけば仕事が楽しくなるし、自分も楽しくできますよー!みたいな感じでした。

    うん、きっと、仕事に悩んでて、どうしよう…って人が読むと頑張ろう!って気持ちになるんだろうなぁって本でした。

  • 2010年9月
    川口市立図書館で借りて読みました。

全6件中 1 - 6件を表示

石坂秀己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
トム・コネラン
タル・ベン・シャ...
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣はこんな本です

ツイートする